畑 苧麻の移植

5月24日にナンバンカラムシを移植。

毎年採取してきた道端のナンバンカラムシはここ数年生育状態が悪い。多分私が刈り取った後また行政によって刈り取られ、葉を茂らせる間がないためだろう。そんなことでここ数年は刈り取りを行ってない。何度か根を採取して植えていたが、ここでは鹿が食べつくしてしまって全く残っていない。そこで柵を作ってここで育てることにしたのだ。ところがこの根がなかなか頑固で採取できるって状態じゃない。コンクリートの下に食らいついていて簡単に採取できない。なんとか何本か細っこいものを採取して植えてみた。

ようやく梅雨入りして、植えてから半月ほどしてようやく芽を出し始めた。  3年ほどは刈り取らず様子を見る。その間もせっせと根を採取して移植しましょう。環境は申し分ないはず。

織の道具

IMG_4688

 

車入船底杼

へそ巻にした、撚りをかけない麻糸を緯糸に通す道具。高機で使う。稲垣機料店で見つけた。へそ巻機も売ってた。最近各地でカラムシで町村おこしやってるみたいだから、受注が増えたのかな。。などと考える。

中国産の苧麻の生地、暖簾に使う生平の値段がどんどん上がっているそうだ。上がっていると言うか、もう入らない所も有るらしい。生活水準が上がって、農村部でこんな仕事してられないとやめてしまうらしい。手仕事はこうやって消えて行くんだな。