畑 ニホンムラサキ (紫根 シコン)を植えてみた

ナンバンカラムシの横少し離してニホンムラサキを植える。

日本紫、なかなかネットでも見つからなかったのだけれど Plant-Plants さんで苗を見つけ購入し植えてみた。良心的な価格で、育て方注意点なども詳しく教えていただいた。茜のようにちっちゃくて細いものを想像していたのでそのしっかりとした葉物野菜のような苗にちょっとおどろいた。5月30日に植えて6月16日の苗の様子。

畑は数年放置していたためガチガチに固まっていて、スコップで掘り起こして(和尚が)、その後耕運機を試みるも動かず、慣れない鍬でほぐした程度なのでやや固いところがあるものの、根付いた様子。6株で根を使ったらどうするのって数だけど、株分けで増やせるとのことなので根気よく待つとしよう。「染織植物園」というにはまだ程遠いけれど、いつか。。。

 

畑 苧麻の移植

5月24日にナンバンカラムシを移植。

毎年採取してきた道端のナンバンカラムシはここ数年生育状態が悪い。多分私が刈り取った後また行政によって刈り取られ、葉を茂らせる間がないためだろう。そんなことでここ数年は刈り取りを行ってない。何度か根を採取して植えていたが、ここでは鹿が食べつくしてしまって全く残っていない。そこで柵を作ってここで育てることにしたのだ。ところがこの根がなかなか頑固で採取できるって状態じゃない。コンクリートの下に食らいついていて簡単に採取できない。なんとか何本か細っこいものを採取して植えてみた。

ようやく梅雨入りして、植えてから半月ほどしてようやく芽を出し始めた。  3年ほどは刈り取らず様子を見る。その間もせっせと根を採取して移植しましょう。環境は申し分ないはず。

畑の柵完成と鹿の食害について

8日に東面10枚を設置して、杭と柵を仕入れてもらう。杭は廃品の鉄柱を切ったもの。

ありがと。丈夫だわ。。。でも、おもいわ。。。太いから打ち込むのに3倍時間がかかったわ。それで昨日は5枚ほど設置して終わり。今日はコツがつかめて全て設置完了。扉もうまいことできた。今日は1日曇空で風も心地よく仕事もはかどった。何時もなら7時でもまだ明るいのにさすがに今日は6時でも暗くて写真は一枚だけ。明日は道端で採ってきた野カラムシの根を植えてみよう。今まで植えたものはすっかり鹿に食べられてしまい跡形もない。どうやら好物らしい。梅雨に入るまでにもっと根を集めよう。

鹿の食害でさいきん気が付いたことがある。

参道の坂にびっしり生えているオウレンの種がすっかりなくなっているのだ。花の後すくっと伸びた放射状の袋の中には種がたくさん入っていて、成熟して黄金色になり飛び出して増えていく。オウレンは薬草で多分根も茎も葉も苦いものだろうから(想像)食べはしないだろうと安心していたが、山茶花の木の陰に少し残っていただけで他はすっかり見当たらない。長く伸びた茎もない。そういえば数年前までは苔が見えないくらいに生えていたはず。このままではいつか絶えてしまうのではと不安になる。とは言えお寺の境内が柵だらけというのも見栄えが悪いので、景観を損なわない程度の対策をそろそろ考えねばならないかな。

もう5月に

 

新緑が眩しい。山の藤の花が木々に覆いかぶさるように咲き乱れている。とてもワイルド。

裏山の畑の柵を立て直すことにした。ここ2〜3年放置したままの柵は土に埋もれ草の下敷きになっていた。鉄の格子の柵は鹿が飛び越えられないように縦に置く。東側に10枚、あと26枚。

鹿の餌場になっていた畑の隅に菖蒲だけが残っていた。いい香りがするけれど、鹿はこの香りが苦手らしい。少しだけかじった葉の合間に菖蒲の花をみつけた。ハナショウブとは全く違う地味な花だ。

 

 

年末〜銀杏まみれ

年末の恒例行事。ミニミキサーで回したところだけだけで簡単そうに見えるけれど、前後色々と力仕事をやってる。だけどこれのおかげで随分と助かってる。これだけ洗うのに一人でも2時間ほどで出来るのだから。しかもストレスがほとんど無い。綺麗になったものを2日ほど水にさらしてから干す。

匂い?、実は最初から違和感がなかった。フルーティーなトロピカルフルーツみたいだって思ってた。それに素手で触ってもかぶれることもない強い皮膚を持っている。

自然の大木なので、銀杏が自然に落ちるまで待つと、よく熟して翡翠色が少なくなって黄金色になっていくらしい。翡翠色のは褒め称えられるけど、黄金色はあまり褒めてもらえない。けれど、どこかの銀杏屋さんが「翡翠色、黄金色、それぞれ違った美味しさがある」と書いていた。そうよね。色とか大きさとか、もうあまり考えないことにしよう。けれどもこんなに必死に洗っても食べるのにも面倒な銀杏は(それにたくさん食べられないし)だんだんありがたいと思われなくなってきた気がする。。。。。ああダメダメだ。。そんなことも考えないことにしよう。無心に黙々と洗い切ることだ。ざっと見積もってこの7倍ほど残ってる。

今年は数がとても多いようだ。もっと忙しくなるまでに、全部洗い切ることに専念しよう。そしてお年玉がわりに配った後は全部皮をむいて、冷凍するとしよう。

銀杏落下

と言っても熟したわけでは無く台風で枝ごと落下したもの。

食べられるようになるには後2ヶ月なので未熟なのだけど、今年のは割と大きいようだ。

台風のコースに当たっていても、2度とも東寄りになり風も雨も大したこともなく過ぎて行った。

さて、船舶用の方位磁石がまた一個増えていた。

「またいっこ」というのは上のもの、木の箱に入っている。

最初のは手あぶり火鉢に乗せてるもの。

この磁石を車に乗せると方位を正しく示さないらしい。

車の中も電磁波いっぱいなのかな。

——ところで——

どうでもいいようなことも

書いておけば後々、あっという気づきになるのに

近頃、書けなくなったね。ちょっと。

でもまあ、書いてみた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。