Press "Enter" to skip to content

カテゴリー: 紡と織

初寒波と作業場

この冬初めての寒波が来た。浜坂は5cmほどらしい。 棚を作った。書籍コーナーができて、資料探ししやすくなった。作業用の油圧式の昇降テーブルは、2年前からうんともすんとも動かなくなっていたのに、一昨日に…

今日のいろいろ染織の道具紡と織

手編み用の毛糸作り

11月6日にようやく双糸に撚り合せた手編み用の毛糸は、あまりにも長い間放置していて色の順序を間違えてしまった。カセでみているとわからないのだけれど、玉にするとはっきりと、何が抜け落ちたかよくわかる。単…

紡と織藍染

編み物用の糸その後

  半月ほど放置していた編み物用の糸の結果。見本にしたのは、800m  /100g の糸、双糸にして8番手の糸でした。出来上がったのは、752m/132g おおよそ5〜6番手の糸になった。撚…

紡と織

コーミングの手順メモしておこう

先の緑色はふさふさを取り揃え、並べて染めたのでコーミングがとてもやりやすかったけれど、この藍は、ひとつかみ適当に染めたため、もつれしまいとても面倒なことになってしまった。 とにかく根気よく、なるべく方…

紡と織

晩秋に夏の名残の緑色~藍色

コリデールという羊の毛を洗い フサフサをひと束づつ取り分けて緑色で染める 桑の葉から取り出しておいた色素は 2年目なのにまだちゃんと染まった 藍の色も染めてグラデーションにしようか 単色のままにしよう…

染色紡と織藍染

手編み用の毛糸

手織りをする人はまわりにに少ないけれど、手編みをする人は多いので手編み糸を紡ぐ練習を始めた。姉が編んでいた細番手のショールの糸をお手本にする。編みやすいように、なるべく綺麗な梳毛糸にせねばならない。そ…

今日のいろいろ原子力考紡と織

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。