Press "Enter" to skip to content

タデアイ沈殿藍の色

Last updated on 06/09/2020

赤茎・青茎・青茎

明らかに藍の色合いが異なる。

そもそも、葉の形も赤茎の方が丸く分厚いので全体量に対する色素の量も多いのだろう。

真ん中が薄めの色なのは貝灰が多め。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。