Press "Enter" to skip to content

桜の落ち葉で染める

IMG_1753IMG_1754

昨年の桜の落ち葉を大量に煮出して漉しておいた液が、少し暖かくなり泡立ち始めたので染めてみることにする。枯れた葉も多かったけれどかなり赤い液になっていた。濡れている時はこんな赤にと思ったけれど乾くと茶がかったオレンジ色。中媒染で鉄と銅とで2巡して染め分けてみたものの、異なる金属の媒染には疑問が残るが。

なんとなく懐かしげな色と柄の小風呂敷。(スカーフの生地だけど)実は無地で仕上げる予定だったが、原因不明の5mmほどの汚点隠しにやむなく柄を入れる。実は無地染めが一番難しいってこと。

半年近くも経っていても腐りもせずもう一度に始めると部屋中桜の葉のいい香りで満ちた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。