時計ストーブ煙突付き

IMG_1604

 

 

 

やっと時計ストーブが使える。

色々有ったからなぁ。染をするのも久しぶりだ。

火をおこすのがものすごく苦手な私でも

ちゃんと薪が燃えてくれた。

空気孔を開けて大きな蓋を閉めたら

何やら蒸気機関車の様な音がする。しゅっしゅっしゅってね。

まずはでっかい鍋でタケノコを茹でる。

そのあとでカラスノエンドウと、山桜の鉋屑と。

 

昨日ようやく綿の種を蒔いた。

畑の縁にたくさんのカラスノエンドウを見つけたので

草刈りの前に全て集めておいたのだ。

採ったらさっさと使わないと。

で、竹の繊維を染めてみる事にした。

火が残ったのでついでに山桜の鉋屑も煮出してみた。

で、お湯も沸かして珈琲いれてぼーっとストーブ番をしていた。

何かと手間だけれど、薪(家屋の廃材)は余るほど有るから

火加減が上手く行けばこうするが一番。

ぼぉ〜っと山を眺めながら

もう、ストーブでごはん作れるよね。。山にこもれるよね。。と考えた。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。