Monthly Archives: 9月 2013

手作業で取り出す孟宗竹の繊維

手間はかかるが、有り余る素材。

IMG_0766

竹を細く割って、200Lの円筒型容器にぎゅうぎゅうつめて水を入れて5ヶ月、あ,未だ5ヶ月か。。ちょっと早かったかな。日中日の当たる場所だったからよく発酵して居る様な気がするので試しにどんなぐあいか見てみる事にした。

とにかく臭い。臭いものには慣れている私でも、かなり臭い。が、ぐっとこらえて2本ほど取り出してみる。川でしばしさらして匂いが収まった(全然収まってない)頃に指でしごいて見ると、ちょっと硬いが繊維が竹の内側からぞよぞよとはがれてきた。切り口もこんな感じで、節で切れる事無く長いままバラバラになっている。

IMG_0768

それにしても硬いので解舒(この場合も、かいじょと言って良いのかな?)繊維離れが良く無いとせっかくの糸が切れてしまう。大麻と同じように、木灰、糠、の行程を試してみる。

IMG_0754

灰汁で煮て、糠でも煮て、そして、水にさらしている(まだ臭い) えのき茸のよう。。

IMG_0770

記憶をたどると、黄色いもみじいちごの、ぐいぐいのびる若い枝の皮を剥いて、木灰で煮たらぱらぱらと、こんな風に細いヒゴ状の繊維になった事を思い出した。くわ科だったかな。桑の若い枝なんかもこんな風になるかも。

せめて半年以上は置いた方が良いのかな。此処までの行程は竹紙作りと同じだろう。ただし、紙は繊維質が餅のように潰れる必要が有るが、糸にするには紙のように繊維が切れたり潰れてしまってはダメなので、何度か様子を見て発酵ぐあいをたしかめること。

IMG_0771 IMG_0772

糸芭蕉ですか?を糸にする

IMG_4793

とりあえず、糸になりそうです。

行程

IMG_0520

上手く裂けないのでナイフで表皮だけそぐ。一握づつまとめ、くくっておく。

IMG_0723 IMG_0724 IMG_0725

灰で作った灰汁の残りがまだ アルカリ度PH11くらいあったので薄めて鍋に入れて糸芭蕉を入れて煮る。煮る加減は難しいがはじめてなのでとけてしまわないように程々にしておく。アルカリ度も弱めで。

はさんでしごき取る専用の道具がないので、苧麻用の物を同じようにして使う。糸芭蕉の表面はツルツルでビニールのよう。此処が糸なのかな。。剥いで見ると結構硬いままだった。もっとゆでた方が良いかも。

IMG_0728 IMG_0733 IMG_0730

気になる事は、表皮の裏にある繊維。表皮とは別物で既に糸状に成っているが引っぱり強度に問題が有る。剥ぐ時点で取っておいた方が良いと思う。

後で気がついたのだけど、白い物も、みどりの物も一緒にアルカリ水で煮たので、みんな黄色目に染まって白い物がなくなってしまった。糸作りの行程で「アルカリ抽出染め」が出来てしまったということ。

いろいろ考えねばならないことが有るけど、糸らしき物にはなった。芭蕉布にはほど遠いが、芭蕉と言う植物も本州にも育つ事と、同じように糸が取れたことは喜ばしい。他にもいろいろな植物から繊維が取れるけど,一番大事なのは、何が身近に有るかということ。

大麻糸(右)との比較

IMG_4788

糸芭蕉ですか?

IMG_0715南国で作られる芭蕉布にする「糸芭蕉」と思われる植物がもう一軒のお寺の裏に生えている。花も糸芭蕉らしき花が毎年一つは咲いている。きっと糸になるさ、いつかきっと糸にと思いつつ10年目にしてやっとその気になった。野性なのかその昔誰かが植えた物だか解らないけれど。調べたら  「熱帯を中心に分布しているが耐寒性に富み、関東地方以南では露地植えも可能である。」と有り、結構あちこちに植えられているようだ。大麻の糸績みが意外と上手く行きそうなので、一度試してみようと小振りな物を一本切ってみた。

IMG_0717小さいと言っても私の背丈ほど高さが有り、その葉もまた同じくらい大きくていちいち感動する。切る前に、芭蕉布の糸作りの動画をチェックして、どのように皮を剥ぐか見ておいた。同じようにやっては見たが、上手く剥ぐことができなかった。糸芭蕉を剥ぐのは、北風にさらされてからとある。あちらでは秋から冬にかけて皮を剥ぐらしい。冷たい風にさらされて糸が強くなると言う事だから、切った物は未だ未熟なのだろうか。とにかく、切って触って剥いで削いでと、いじり倒して糸芭蕉という植物の性質を手に覚えさせることは出来た。半分くらい無駄になってしまったのは残念だけど。

切って居るのを近所の友人が見ていて、「たべるだか?」と半分真顔で聞く。笑いながら「うん」と答えておいた。確かにおっきな芋茎のようでもある。実際、外側から皮を剥いで行き中の方になると繊維としては使えない柔らかい部分は茹でて食べられるらしい。

美しい芭蕉布の数々と芭蕉布作りの行程が動画で見られます。

喜如嘉の芭蕉布 http://www.bashofu.jp/index.html