Press "Enter" to skip to content

とにかく危険をみとめることだ

今ある原発を消せる訳でもない。

漏れ出てしまった放射能を無かったことにも出来ない。

その為に覆い被さるように人々の上に起こる苦難は

すぐには取り去ることは出来ない。

物理的な困難はその何倍ものも時間やエネルギーを必要とするだろうが

苦しみを背負った人自身が前向きに生きる気持ちが持てたなら

驚く様な早さで復興は進むと思う。

実際私たちは何度もその事実を見てきたはずだ。

それに必要なことは、原発から脱却することを国が決めることと

既に世界にあるものを永きにわたり安全に保存する為

その技術の進歩と公平な立場で進むべき道を検証する為にも

小出裕章氏のような研究者が相応な地位につくことと

あとを引き継いでゆく若い研究者や、保全の為の技術者が

たくさん育って行く様な、誇りを持って携われる様な

環境と研究機関、教育機関を設立してほしい。

それにはまず危険を認めることだ。

今の技術では人々を完全に守れないと認めることだ。

過ちを認めることだ。

jibanryuki

 

 

NEXT MEGAQUAKE 1 3.11巨大地震~明らかになる地殻変動 2013.03.10

NEXT MEGAQUAKE 2 大変動期 最悪のシナリオに備えろ 2013.3.10

3.11 あの日から2年  メルトダウン  原子炉”冷却”の死角 

何が書かれなかったのか ~政府原発事故調査~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。