Press "Enter" to skip to content

からむし苧引き参考資料


福島県昭和村 からむし織2000年魂の伝承

接続速度によって3種類のリンクが用意されています。

Windows Media Playerが必要と有りますが、

RealPlayer QuickTime Playerなどでも

ファイルのURLを入力すれば見ることができました。

ダイジェスト版 3分 本編 28分。

 

こちらは、南魚沼郡 越後上布 糸は昭和村のものです。

Be First to Comment

  1. Toshie Nikaido 2012年8月2日

    そうです、よりは糸紡ぎする糸車でかけます。
    ウールの糸車だと両手が使えるのでやりやすいですね。

  2. yuuko 2012年8月2日

    色々見せていただいてありがとうございます
    よりをかけるのは 糸巻き機でかけるということですか?
    つまり紡毛機のようにするという?
    Toshieさんはどのようにしておられるのですか?

  3. Toshie Nikaido 2012年8月2日

    どういたしまして。DVDによれば越後上布のばあいは縦緯とも1mに500回の撚りをかけるのだそうです、小千谷縮みの場合は緯に経の倍のよりをかけるとのことです。
    さんこうまでに「生平(きびら)」というよく暖簾に使う麻布があるのですが、これは緯によりをかけないのです。伝統的な奈良晒も生平なのだそうです。http://texinfo.web.fc2.com/cn16/pg92.html

  4. yuuko 2012年8月1日

    ありがとうございます!
    興味深いです
    越後上布は実際に手にとってみたことはありません
    いつかハギレでもお目にかかれたらいいな、と思っているのですが
    糸にするには拠りをかけるのですか?

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。