Press "Enter" to skip to content

思う

 

4日の事、不安定な冬の空模様の合間にさっと太陽がのぞいた。

ちょっと買い物に出た帰り道、遠回りして道草をする。

城山から諸寄を見渡す。海が輝いている。

あんまりきれいなので、和尚に電話をかける。

「城山に居るんだ。すっごいきれいだよ」「こっちは土砂降りだ」

向こうの山を越えた辺りに居るらしい。

今日も鉄くずと油ににまみれているんだろう。

カメラを持ってくれば良かった。仕方ない、、携帯を構える。

今日は(5日)アートビートでロボットを見ていた。

高橋智隆というひと。設計図は無くデザイン画から作り始める。

「そうそう、それはさ、作るのも自分だから出来る事でね、

自分の手で作らない者には出来ない事なのだよ。」と,

誰に聞かせるでも無くつぶやく。

アートビートの2部、東京芸大の学長のつまらないコメント。

見なければ良かった。この人もゲイジュツカなのか?

ところで、奈良美智 の女の子はどうみても草間弥生にしかみえない。

さて、今や人間はロボットを通して

より人間らしさを感じようとする。

ついったーで絆を確かめる。

わざわざ、そんな遠回りをしなくても

ほんのすぐそこに、あることばかりなのに。

改築がなかなか終わらない。

でもおかげで銀杏洗いがはかどっている。

大工さんがせっせと働いているそばで、私も銀杏を洗う。

義父の付き添い疲れでここのところすっかり足腰が弱った義母が

銀杏を洗うと言う。無理の無い程度にね、と言って一袋持って降りる。

今年はたくさん有るけど、毎日頑張って洗うからと言うと、

「あんたは、かぶれんたちでよかった」と言う。

その一言だけで十分だと思った。

黙々と仕事をする職人の姿は

畳職人のおじいさんの記憶。

おじいさんが2階から重い鉄の金具の付いた縄を下ろす。

金具を大きな藁の束に引っかけて途中まで持ち上げる

それが小学校に行く前の私の仕事。

腕が異様に太くなったのはきっとそのせいだ。

大工さんがしまい支度をする頃

ちょうど10Lほどの銀杏を洗い終える。

「おつかれさまでした、ありがとうございました」

5時なのに,もう道が見えないほど暗い

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。