Press "Enter" to skip to content

あまちゃ

 

 

 

あまり日のあたらない場所に植えたものだから

私の背丈より大きく伸びている。

いっぱい背伸びをして撮る。

 

もっと日当りの良く無い場所に

昔からの甘茶の木がある。

蔵には、干した葉のひとくくりが

紙にくるまれて何十年もぶら下がったままになっている。

一年に一度(花祭り)だとそんなに無くならないもの。

それでもいつかは、私が干して保存しておかねばならないだろうと

紫陽花と甘茶の葉をまじまじと見比べるのだけれど。。。

 

紫陽花もよく見る園芸品種のでっかいのじゃなくて

人の手のかかっていない、小振りなおとなしい紫陽花で

甘茶と見分けがつかない。(それはわたしだけ)

もしかして全部甘茶?。。。いやそんなことはない。

こまった。

明日、きっちり写真に撮って

比較してみよう。

葉っぱが全然違うはずなんだけど。。。

 

それより、この園芸品種の甘茶は

本当に甘茶だろうか。。。

それも怪しい。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。