Press "Enter" to skip to content

月別: 2011年5月

今日で5月も終わり

大貫妙子さんのBlogに,美しい曲が紹介されていました。




CESARE PICCO piano and music / YURIKO MIKAMI cello
Recorded at Officine Meccaniche Milano – March, 15 th 2011







再生可能エネルギー情報

早い梅雨入り

二十七日、関東甲信地方が梅雨入りしたとみられると,ニュースで聞いて

「近畿より東海の方が梅雨入りが早いの?」と間抜けな質問をした。

こちらは二十六日に既に梅雨入りしていたらしい。

庭の草木がいよいよ盛んに成長を始めた。

青いたぬきの羊歯が梅雨を喜んでいる。たぬきの羊歯というのは

この庭で息絶えたたぬきを葬った場所に生えて来たから。

十薬の乳白色の花は、チュンと尖って愛らしい。

夏椿が5年目でやっとつぼみがついた。

重い腰を上げて、庭の掃除を始めた。

山藍の色

img_2360img_2359img_2331

一本引き抜いて瑞々しい葉を光にかざしたときも、緑色の中に青い光が見えた気がした。
もしも何も知らないで、たまたま引っこ抜いた雑草が,数日後緑色の葉っぱの中で青く光っているのを見つけたら、石の中に宝石を見つけたみたいに目が輝いただろうなぁ。実際、キラキラ輝いて見えた。昔の人もそんな風にこの草に出会ったのかもしれない。

地下茎も、葉も茎も皆青くなって来た。この色は布に染まり付く事は無いのだろうか。
辻村 喜一著 「万葉の山藍染め」古本で見つけ注文した。

山藍らしいが、さて、どうしよう。

img_2315

昨日出かけた山に山藍を見つけた。側には日本茜もたくさん生えていた。
染め時期がよくわからなかったが、道ばたなのでそろそろ刈られてしまいそうなので
一握り抜いて来た。さてどうしよう。

img_2320

一昨年頂いていた、キキョウ咲き朝顔の種が芽を出した。
良い場所に植え替えなくては。

img_2317

リンゴは何となく元気で大きくなって来た。さてどうしよう。

img_2318

日本茜挿し芽なのだが、いくらかは枯れていない所を見ると根付いたのだろうか。

img_2325

結城紬の地機の織も進めながら時折綿の糸も紡ぎ始めた。
この前織り上げた布は風合が良いのか悪いのかよくわからなくなり。
糸紡ぎもこれで良いのか悪いのかよくわからなくなった。
気持ちを入れ替えて一からやり直し。

5月10日に蒔いた綿の芽がさっぱり出て来ない。どうしたものか。

さてどうしようが山盛り。

You're So Vain と。。

5月18日(水) 午後3時〜4時 

Carly Simon – 「うつろな愛 (You’re So Vain) 」
1972年にミック・ジャガーがバックボーカルで参加した

イントロで5ヶ月もかかった、Angie
ハーモニクスからそろそろ半年。
なんとか次の曲に行く許可が下りた。

で、次は。

私「何か良い曲は無いですか?」

先生「カーリー・サイモンのうつろな愛 知ってますか?」

私「聞けばわかると思いますが」

(先生、PCの音を聞かせてくれる。)

私「。。。ああ、聞いた事有ります♪♪」

先生「これ、甲斐バンドがパクっていましたよね」

私「へ〜なんですか?」

先生歌う「あな〜たに〜♪」

私「ああ、え〜っと。。きんせんか。。。」

次回5月25日(水)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。