Press "Enter" to skip to content

東福寺へ



京都へ行っていました。27日午前10時半頃、京都国立博物館 長谷川等伯展、待ち時間120分。。。で、さっさと東山通りに戻り、東福寺へ向かう。京都時代、主には東山通り界隈をうろついていたのに七条から下には行った事が無く、東福寺ははじめてなのだ。

万丈に上がる階段と手すりの木が、つるつるに角が取れている。スリッパを勧められたが、歩くたびに脱げるので脱いでしまう。角の取れた廊下の床板が靴下を通して足の裏に伝わる。滑らかでやわらかい。

さてさて目的の庭を見る事にする。市松の杉苔の盛り上がりがすごい。小雨が降り苔が瑞々しく美しい。雨降りもなかなかいいものだ。橋の下を覗き込むと、おおいかぶさる青紅葉のはるか下方に、小川がちらちらと見え隠れしている。

One Comment

  1. yu 30/04/2010

    市松の苔、ほんとすごいですね。ぜひ生で見てみたいです。
    >おおいかぶさる青紅葉のはるか下方に、小川がちらちらと見え隠れしている。
    情景が浮かんで頭が浄化される気がします
    空気が澄んでいそう。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。