Press "Enter" to skip to content

立春に大雪

 雪おふだ

もう雪もすっかり消えて暖かい雨が降ったりもして、このまま春になるのだろうかと思っていたのに、消えた分だけ雪が積もっている。

立春大吉のお札は玄関に、鎮防災燭のお札は竃のそばの大黒柱へ新しいお札に取り替える。そう言えばは火の字が消してあり、<<<だけになっている。ああ、なるほどね。災の字がのお札も有るようで、小さく となっているところも有る。ところで、の字なのだが、ちょっとちがうのはなぜなんだろう。虫と火の位置がちがうんだけど、こんな字が有るのかと字通を調べるが載っていない。高齢の和尚さんがうっかり間違えたのかと失礼な事を言うと、「昔からこう書くのだ。(危険な)火を囲うということじゃないのかな」と、雲さん。火も消してしまうくらいだからそうかもしれない。

追記
の字のこと、想像ですがこんな事かも。コメント欄を見る↓

作業メモ
昨日は悩みに悩んだあげく、今度の着尺に経絣を少々入れる事にした。他の糸を染める前に決めておけば10本で整経出来るのに、一本で同じ張力で80本整経するのはなかなか大変だった。いつものように糸が少々足りなくなる。嗚呼、あと8本。。。見本用に取っておいた糸を使う事にする。

One Comment

  1. seedsbook 05/02/2010

    火の字を消してしまう自由さ。。。というか
    事への恐れ。。というか
    火と虫の字を入れ替えてしまう真意は。。。
    なんとも不思議な面白さです。
    どうしてなのかなあ。。。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。