Press "Enter" to skip to content

紫の蘇る薬

名前の由来
次のような逸話が伝えられている。後漢末、洛陽の若者が蟹の食べすぎで食中毒を起こした。若者は死にかけていたが、名医・華佗が薬草を煎じ、紫の薬を作った。薬を用いたところ、若者はたちまち健康を取り戻した。「紫」の「蘇る」薬だというので、この薬草を「紫蘇」というようになった。

漢方医学では、主に赤紫蘇の葉を「蘇葉」(そよう)または「紫蘇葉」(しそよう)といい、理気薬(気が停滞している状態を改善する薬物、精神を安定させる目的もある)として神秘湯、半夏厚朴湯、香蘇散などに配合される(日本薬局方では、チリメンジソ(狭義のシソ、学名:P. frutescens var. crispa f. crispa)の葉及び枝先を「蘇葉」としている)。また熟した果実を「蘇子」(そし)といい、咳、喘息、便秘などの治療に用いる。
シソの葉はロズマリン酸という成分を含み、アレルギー疾患に有用として健康食品としても利用されている。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=シソ&oldid=23976981

夜なべ仕事にと思ったのにまた眠ってしまって、三分の一ほど残っている。
葉は紫蘇ジュースに、実は白梅酢漬けと、佃煮にしてみよう。両方ともあく抜きを忘れずに。続きはまた。

JUGEMテーマ:植物
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。