Press "Enter" to skip to content

さてさて新しき春

ともあれ、怒濤の様な日々が過ぎ去り、騒がしかったきもちを落ち着かせるべく糸車に向かおうぞ。
進むべき道はまだおぼろげでたよりないが、ここから見えて来るものが必ず有るはずだから。

一気に明るさと暖かさを増した日の光が、つぼみに降り注ぎ、
目に見えない速度で、花びらが開き始めるように。

20090331

 

JUGEMテーマ:日記・一般
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。