Press "Enter" to skip to content

タグ: 銀杏

年末〜銀杏まみれ

年末の恒例行事。ミニミキサーで回したところだけだけで簡単そうに見えるけれど、前後色々と力仕事をやってる。だけどこれのおかげで随分と助かってる。これだけ洗うのに一人でも2時間ほどで出来るのだから。しかもストレスがほとんど無い。綺麗になったものを2日ほど水にさらしてから干す。

匂い?、実は最初から違和感がなかった。フルーティーなトロピカルフルーツみたいだって思ってた。それに素手で触ってもかぶれることもない強い皮膚を持っている。

自然の大木なので、銀杏が自然に落ちるまで待つと、よく熟して翡翠色が少なくなって黄金色になっていくらしい。翡翠色のは褒め称えられるけど、黄金色はあまり褒めてもらえない。けれど、どこかの銀杏屋さんが「翡翠色、黄金色、それぞれ違った美味しさがある」と書いていた。そうよね。色とか大きさとか、もうあまり考えないことにしよう。けれどもこんなに必死に洗っても食べるのにも面倒な銀杏は(それにたくさん食べられないし)だんだんありがたいと思われなくなってきた気がする。。。。。ああダメダメだ。。そんなことも考えないことにしよう。無心に黙々と洗い切ることだ。ざっと見積もってこの7倍ほど残ってる。

今年は数がとても多いようだ。もっと忙しくなるまでに、全部洗い切ることに専念しよう。そしてお年玉がわりに配った後は全部皮をむいて、冷凍するとしよう。

銀杏落下

と言っても熟したわけでは無く台風で枝ごと落下したもの。

食べられるようになるには後2ヶ月なので未熟なのだけど、今年のは割と大きいようだ。

台風のコースに当たっていても、2度とも東寄りになり風も雨も大したこともなく過ぎて行った。

さて、船舶用の方位磁石がまた一個増えていた。

「またいっこ」というのは上のもの、木の箱に入っている。

最初のは手あぶり火鉢に乗せてるもの。

この磁石を車に乗せると方位を正しく示さないらしい。

車の中も電磁波いっぱいなのかな。

——ところで——

どうでもいいようなことも

書いておけば後々、あっという気づきになるのに

近頃、書けなくなったね。ちょっと。

でもまあ、書いてみた。

お昼頃 銀杏の木を眺める

急に晴れてみたり

にわかに掻き曇り強風が吹いたり

そうこうしてる間に

あっという間に夕刻

今日は銀杏を洗わなかった

IMG_1949

IMG_1947

IMG_1942

木六竹八塀十郎/きろくたけはちへいじゅうろうの記事を思い出している

新月の木とも深い関係がある。

宮嶋望さんはNPO法人 新月の木国際協会の副理事長をされていた。

ところで、ずんずんと進出する笹ヤブを無くすのにはどの季節が効果的なのだろう。

銀杏2014

今年は少ないねぇ。。と言い、未だ落ちてないのがあるねぇ暖かいうちに始末しないとね。と話していた次の日に、みぞれが降っていっぱい落ちた銀杏。今日拾うのは、、寒いなぁ。とか言っていたのももう5日も前のこと。それから数日風が吹くたびに掃いては落ちを繰り返し道の端に溜まった銀杏を横目で見ながら過ごす。昨日はとても良い天気になり、和尚がせっせとブロワーで葉っぱを飛ばして銀杏だけをより分けてコンテナに集めてゆく。私もエイっと重い腰を上げてミキサーを回し始めた。IMG_1907 IMG_1906

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。