Posts Tagged:

織の道具

両手が離せる洋式糸車 長い繊維の糸紡ぎと紡いだ糸の撚りかけ撚り合わせに使う。

ポーランド、クロムスキー社の縦型紡毛機。勢い良く踏み込むとがたつくけれど

コンパクトなのがお気に入り。大急ぎでより掛けるときはさすがにぽんぽん飛び跳ねるので

柱に縛り付けていた。

洋式の道具と和式の道具が入り交じっているとなにかとややこしいが

小枠に糸を巻き取る座車だが

 

洋式糸車のボビンの穴のサイズが同じだった。

 

写真はくらくてわかりにくいが,お尻にちょうどいい穴が二つ

金具がちょこっと引っかかってちゃんと回る。

 

 

 

 

あとすこし。。あと

img_1897 img_1898

周りを片付けるには、まずはこれを織ってしまわねば。
あとすこし。。あとすこし。。それからが、やたら長い。

作州かすり物語



この為に倉吉絣を学びに来ていた友人が、夢の実現に向けて走り出しました。
私もイベントの糸紡ぎ実演のお手伝いに行きます。

心して

img_1793

ようやく三分の二くらいは終わった。
どんな感じになるのか白い襟と合わせてみる。
目になれすぎて、良いのか悪いのかわからなくなっている。
それほど悪く無いけど、それほど良くも無く。
初志貫徹しないから、こういう事になる。

焦げ茶の縞(実は経絣)は無くても良かった。
(この糸が切れまくって足を引っ張る)
白い格子も経縞だけで良かった。
寄り道しても、結局のところ
はじめに思い描いていた物を追いかけている。

樟の木の色は、少しあせてしまった。
媒染剤のせいだと思う。
樟木の染、はたして樟脳の効果は残っているのか?
桜からの色は強く残った。

糊を落とすまではまだわからない。
紡いだ糸の太さはどうか、撚りはどうか。
織密度はどうか、風合いはどうか。

乾燥対策メモ

行き詰まったら



地機の織は少し置いて、高機の方を織り上げよう。糸切れの対処に、地機で教わったように織りながら糊を引く事にする。糊はさらさらとしていて、あとで落ちやすい(らしい)フノリ(布海苔、布糊)を使う事にする。ときどき竹筬に椿油を薄くひく。頻繁に起こっていた糸切れの回数が減り、とても織りやすくなる。

織りやすくなったのは、それだけでもない。地機を手に入れて織り始めた事で、高機に地機の様な織上がりを求めなくなったのか。。いや、そんなつもりは無かったのだけど、こうであってほしいと言う気持ちが、必要以上に経の張りを甘くし過ぎてかえって、状態を悪くしてしまっていたのではと思う。地機を織ることができるようになって、高機は高機が得意なように織れば良いという、当たり前のところに気持ちが落ち着いた。長い期間、むりを強いていたのかもしれない。

行き詰まったらいったん放置して、違う事をしてみよう。

犬の穴堀は、たいてい、行き詰まる前に止めさせられる。