Press "Enter" to skip to content

タグ: 織

織の道具

両手が離せる洋式糸車 長い繊維の糸紡ぎと紡いだ糸の撚りかけ撚り合わせに使う。 ポーランド、クロムスキー社の縦型紡毛機。勢い良く踏み込むとがたつくけれど コンパクトなのがお気に入り。大急ぎでより掛けると…

心して

img_1793

ようやく三分の二くらいは終わった。
どんな感じになるのか白い襟と合わせてみる。
目になれすぎて、良いのか悪いのかわからなくなっている。
それほど悪く無いけど、それほど良くも無く。
初志貫徹しないから、こういう事になる。

焦げ茶の縞(実は経絣)は無くても良かった。
(この糸が切れまくって足を引っ張る)
白い格子も経縞だけで良かった。
寄り道しても、結局のところ
はじめに思い描いていた物を追いかけている。

樟の木の色は、少しあせてしまった。
媒染剤のせいだと思う。
樟木の染、はたして樟脳の効果は残っているのか?
桜からの色は強く残った。

糊を落とすまではまだわからない。
紡いだ糸の太さはどうか、撚りはどうか。
織密度はどうか、風合いはどうか。

乾燥対策メモ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。