Press "Enter" to skip to content

カテゴリー: 寺暮らし

大道和尚と但馬・丹後の日本海沿岸の原発計画

3月27日(日曜)は歴代和尚の法要でした。

先先代住職の大道和尚(釈 大道)の50年の法要も行いました。政治問題とは距離を置きたがる仏教界にあって、大道和尚ははっきりとした意見を表明される人物だったようで、『共産党の和尚』と呼ぶ人もいます。2011年の東日本大震災の後、いろいろ調べている中で、過去の地元の火力発電・原発誘致についての記事を書かれたブログを見つけ、岸田川に持ち上がった大規模火力発電への反対運動に大道和尚も中心になって参加されていたことを知り感慨深いものがありました。記事のデーターを頂き以前このブログにアップしていたつもりでしたがどうしても見つからないので、もう一度ここに掲載しておきます。

*火力発電については、現在原発に変わる電源として無くてはならない存在ですが、当時の火力発電の公害の問題はかなり深刻で、現在の原発と同等なほどの捉え方だと考えます。1961年私はこの地に生まれました。高度成長期の真っ只中、大量の電気の消費が始まり、大規模な公害、複合汚染が始まりました。ですから、『原発とともに生まれ育った者』という責任のようなものを感じています。その原発が末代まで、想像もできないほどの年月にわたりというか、もしかして永遠に害を及ぼすのだということに我慢ならないのです。

高浜原発が再稼動したものの、現在裁判の結果により一時停止していますが、あくまでも一時停止です。推進派はなんとしてでも稼動を再開しようとあの手この手を考えています。経済最優先で一時的なほんの一時的な理由で。高浜原発については、『原発の地元とは?』ということを考えさせられます。

【但馬・丹後の日本海沿岸の原発計画】

記事にもあるように関西電力は1960年代の初め『香住町下浜地区の海岸に出力120万kw規模の原発を計画』していましたが、香住町は1965年に「原子力発電誘致対策委員会」を発足させ様々な勉強会を開いて行きます。そんな中、丹後、但馬の日本海沿岸に限りなく近い高浜原発に1969年12月12日 に1号機(出力82.6万kw)の設置許可が下り、1974年に1号機が営業運転を開始しました。同年に関西電力は丹後半島に『丹後半島に240万kw規模の原子力発電所を建設する構想』を発表します。

SCN_0001a

SCN_0001b

今年最後の日

IMG_1997

午前1時半にようやく花入れが全て終わる。

朝は寝坊してしまい、起きた頃には全て定位置に置かれていた。助かった。

一夜飾りはいけないといわれているので、昨日はしめ縄とお餅のお飾りさんを先に済ませた。そうそう、(お餅も29日は苦の餅といって必ずこの日を避けて搗く)この地域でよく作られる海老のしめ縄は友人のお母さんが作ったもの。真ん中に下から御幣、裏白、楪(ユズリハ)の順番で挟み、その上にみかんを落ちないようにくくりつけてしっかりと金銀の水引で止める。今年は和尚の仕事仲間のパキスタンの友人が手伝いに来てくれていて二人で楽しそうにしめ縄を飾り付けて回っていた。今日もまたお札(ふだ)作りの追い込みに手伝いに来てくれるそうだ。ありがたい。

遅れは半日取り戻した。こうやって日記を書いている間があったら仕事せよと言われそうだ。さてと、おせちの準備をしながら仕上げの掃除に取り掛かろう。

遅れてる

仕事が丸一日分も遅れている。。。

お餅の記録。小餅 白、蓬餅、豆餅、栃餅

粉を落として分ける。発送する。

何年かぶりの豆餅は丸めることにした。混ぜるのには往生した。

機械で混ぜることはできないのでボールに入れて混ぜたら

やはり予想通り、ステンボールがお餅をたくさん食べてしまった。

水分を吸い込む木の臼であればこんなことはなかったのに

来年はちゃんとした木のこね鉢を探しておこう。

IMG_1990

IMG_1996

お供え餅 埃除けカビ除けのラップに包み中

(4日に下げて後日かき餅にする)

上から

実家と仕事場、楞厳寺庫裏、楞厳寺本堂、開山堂と地蔵堂と山門地蔵

慈済寺本堂、慈済寺庫裏

銀杏2014

今年は少ないねぇ。。と言い、未だ落ちてないのがあるねぇ暖かいうちに始末しないとね。と話していた次の日に、みぞれが降っていっぱい落ちた銀杏。今日拾うのは、、寒いなぁ。とか言っていたのももう5日も前のこと。それから数日風が吹くたびに掃いては落ちを繰り返し道の端に溜まった銀杏を横目で見ながら過ごす。昨日はとても良い天気になり、和尚がせっせとブロワーで葉っぱを飛ばして銀杏だけをより分けてコンテナに集めてゆく。私もエイっと重い腰を上げてミキサーを回し始めた。IMG_1907 IMG_1906

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。