Press "Enter" to skip to content

カテゴリー: 染色

植物、地衣類、鉱物による染色

晩秋に夏の名残の緑色~藍色

IMG 3705

IMG 7349

IMG 7351

IMG 3698 1

コリデールという羊の毛を洗い

フサフサをひと束づつ取り分けて緑色で染める

桑の葉から取り出しておいた色素は

2年目なのにまだちゃんと染まった

藍の色も染めてグラデーションにしようか

単色のままにしようか悩む

櫛で梳かして線にを揃えて

ディズという道具で粗糸(ロービングroving)を作り

梳毛糸を紡ぐ準備をする。

 

MODERN NATURAL DYER

オークランド (カリフォルニア州) A Verb for Keeping Warm

先日、スイスの典子さんと日本の草木染めについてちょっと話していたところでした。はんなり渋い色合いの多い日本の草木染めの品を購入し、スイスに持って帰って合わせてみるとなんとなく冴えないと感じることがあると。私などは特に身の回りにある植物で染めるのですが、華やかな色といえば黄色くらいなもので、ピンクや真紅などは染められません。赤が染まってもそれはかなり茶色みの赤やレンガ色とか。ついその色の地味さ加減に物足りなさを感じてしまいます。日本の風土の中で見た色、スイスで見る色。アメリカの色。日本で染めた色、外国で染めた色。確かに水の違いとか、光の違いとか、周りの色との関係とかあるのでしょうか。ただ、この本を開いて見て自分に対して感じたこと、

『私が真面目に、ひたむきにに自然の染めの色と向き合っていなかったから、本当の色が見えなかっただけなのかも』

その上、最近ずっと、心が荒んでいましたから、こんなときは『綺麗な色をを見るのがいい』ということに気づきました。表紙もまるで実物の染め布が置かれているようなのですが、中の写真もとにかく美しい本でした。英語がスラスラ読めたら(スラスラでなくてもいいけど)もっといいのですが。

 

子供会の藍染Tシャツ教室

いくつか細工の仕方を教えてあげて、あとは好きにやってというか言わないうちにもう始めてる。子供の好奇心と行動力と想像力(お母さんも結構こだわって作ってる)のパワーは凄まじい。。液に漬けてと見本を見せてるうちからもうつけ始めてるし。約2時間で完了。

ちっちゃいTシャツは可愛いわ〜

IMG_281520160730子供会Tシャツ

7月の藍染体験

6/27(月) ご夫婦で、今回はご主人のものだけ。綿密に、かつ無作為に。

IMG_2484

7/6(水)大庭地区公民館様 スカーフとハンカチの藍染。右往左往していて写真を撮り損ねる。シルクスカーフのぼかし染めの前にハンカチを一番簡単な染め方で。

IMG_2524

7/22(金) 諸寄地区公民館様 麻生平で暖簾の藍染 板締め絞りで。

IMG_2737

IMG_2707

濃すぎたかなーとか、あなたのいいねとか。初心者が3名いらしたけれど、6名は2度目なので作業は実にスムーズ。板締めの染めはコンパクトで振り回しが楽で出来上がりの完成度も高いのがいい。

今月あと2回 7/24(日)女子会 7/30(土)子ども会 ともにTシャツの藍染

板締めの暖簾がずらりと並ぶ、私にとってはかなり懐かしい風景。ここ仕事場にしたくなるなあ。本当に染めにもってこいの場所です。

講習の参考資料 始まる直前に慌てて作ったため文章少し直す必要あり。苧麻板締めのれん

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。