Press "Enter" to skip to content

カテゴリー: 紡と織

角帯完成 少し薄手

 

 

「ふさは要らん」とか言われそうだけど、、、水に通したら予定よりやや縮んでしまったので付けておいた。もう少しふっくらとしたものを想像していたが5本では少なかった。手紡ぎ糸ならよかったのかも。織始めの耳の不始末は見ないようにしする。でも最後もあまり変わらないけど。

とにかく糸を倍の太さにしてもう一本を織っている。(けど経糸が足りるだろうか…)

角帯を織る

 

 

結んだ端からプチプチちぎれるほど使い込んだ角帯を新調する。修行に出た時のものなら40年弱、先代の和尚さんのお古だともっと古いかも。角帯を、というより帯を織ったことがないので、糸の太さとか密度とか手探りだ。経には未精錬のタッサーシルクと、緯には藍染の木綿糸の束と。あと2.5mほどで完成する。太めの木綿糸は托鉢に使う頭陀袋の布を織るために購入していたもので、他にも手紡ぎ糸で白衣とか「織ってあげます」と言いながら何年も経ってしまった。

経糸の乱れが気になる。同系色なら気にならなかっただろうけど仕方がない。緯糸を継ぐ時できた模様がさりげなく面白い。などと考えながらもバシッと打ち込む。

 

年末の銀杏洗い

暮れの30日に銀杏を洗った

今年は少し少なかったものだから80Lほどの入れ物に残り1杯だ。まだ庭にころがっているけれどとりあえずこれが最後だと思うと正月飾りも早く終わったし、これを済ませればスッキリする。だって最後まで洗い終えたことが未だかつて無かったのだ。

20年洗い続けて初めてのことよね。。感慨深い。16時から洗い始めて3時間で全て洗い終えた。小型ミキサー様様。1日流水にさらしてネットに入れて専用の洗濯機で洗えば匂いも取れるので、乾燥した室内の高いところに一晩おけば全てのお正月のお年玉のお返しに使えます。お天気も良くさほど寒くはなかったけれどさすがに夕暮れ頃には何度も水を変える作業に足腰が悲鳴をあげてお正月の念頭の挨拶時には正座することができず無様なことでした。

銀杏を洗ったり、山菜を収穫するところから始まる料理や、おかき作りとか、広い庭掃除とか、お寺の仕事は、糸績み、糸紡ぎ、手織りといった仕事ととても似た地道な作業で、本当に充実した気持ちで作業できるのだけれど、全て行おうとすると不器用で効率の悪い私にはやっぱり時間が足りない。全て美しくこなせる人もいるのだろうなと思うけど、なかなかそんな人にもなれない。

メビウスの輪っか

適当に色を変えて紡いだ糸がどうなるかと

メビウスの輪っかを編んでいたら、

頭の中がメビウスの輪になった。

AとBの模様の繰り返しは

A+B+A+B+A にしないと

模様がメビウスにならないのか?

こんだけ編んでやっとわかった。

編み始めが真ん中になるってことも。

 

 

ところで昨日からの寒波で雪が積もった

今夜もひどく冷え込む

竹の花-Odappu

 

払子に似ています。ケララにあるKottiyoorというヒンズー教のお寺のお祭りに一年に一度この『竹の花』を買い家に飾るのだそうです。魔除け的な意味もあるのだろうか。

Tufts of retted bamboo fibers for sale at Kottiyoor Temple in Kerala.Odappu is Bamboo flower.Odappu, a “flower” made of bamboo pieces instantly is a thing every devotee buys from the temple to his home to be hung there for a year.

ふさふさの竹の繊維はリネンの繊維のような柔らかさもある様子で、これであれば折の糸も容易に作れる気がする。今盛んに出回っているバンブーレーヨンは、セルロースを薬品で処理するため様々な問題が起こっているけれど、この『竹の花』の方法で得られるbamboo linenは持続的な抗菌作用もあるだろうし理想的な竹繊維だと思う。

 

Bamboo rayon

Rayon is a semi-synthetic fiber made by chemically reshaping cellulose. Cellulose extracted from bamboo is suitable for processing into viscose rayon (rayon is also made from cellulose from other sources).Bamboo leaves and the soft, inner pith from the hard bamboo trunk are extracted using a steaming process and then mechanically crushed to extract the cellulose. The cellulose is purified, treated with lye, dissolved (in carbon disulfide), and re-formed to make rayon.

Workers are seriously harmed by the carbon disulfide used to make bamboo viscose. Effects include psychosis, heart attacks, liver damage, and blindness. The CS2 is volatile; rayon workers inhale it, but it is not found in the finished product. Rayon factories rarely give information on their occupational exposure limits and compliance, and legal limits even in developed countries are too lax to avoid harm.

Viscose manufactured from bamboo is promoted as having environmental advantages over viscose made with cellulose extracted from wood pulp. Bamboo crops may be grown on marginal land unsuitable for forestry; although demand for bamboo has sometimes led to felling of forests to plant bamboo, though this has become less common since Chinese forestry policy reforms in the 1990s.The viscose processing results in the same chemical waste products as wood-pulp viscose, notably carbon disulfide, but bamboo cellulose is suitable for a closed-loop viscose process that captures all solvents used.

Mechanically-produced fine bamboo fiber 

Tufts of retted bamboo fibers for sale at Kottiyoor Temple in Kerala.Some bamboo fibre is made by a mechanical-bacterial process similar to retting flax into linen fibre.

The Swiss company Litrax is one company involved in the manufacturing of bamboo fibre. Litrax claims to use a more natural way of processing the bamboo into fibre. In this the woody part of the bamboo is crushed mechanically before a natural enzyme retting and washing process is used to break down the walls and extract the bamboo fibre. This bast fibre is then spun into yarn. In fine counts the yarn has a silky touch. The same manufacturing process is used to produce linen fabric from flax or hemp. Bamboo fabric made from this process is sometimes called bamboo linen. The natural processing of litrax bamboo allows the fibre to remain strong to produce an extremely high quality product. This process gives a material that is very durable.

Another means of extracting fibre from bamboo, and probably the only purely mechanical process of extraction anywhere in the world, is practiced in the days preceding the annual festival of the Kottiyur Temple of Kerala, India. The handcrafted bamboo artifact, known locally as “odapoovu” is in the form of a tuft of white fibres of up to a foot in length. The article is made out of newly emerging bamboo culms of the reed bamboo endemic to the region (Ochlandra travancorica), which go through a process of alternating pounding with stones and retting in water lasting several days, followed by a combing to remove the pith, leaving the cream white fibres and a stub of the bamboo. The fibre is too coarse and the process very cumbersome, to be of much use in making fine yarn, thread or textiles.

初心に戻り糸を紡ぐ

久しぶりに和綿の糸紡ぎをする。正座できないので。茶箱を使って収納を兼ねた椅子仕様にしている。だから、長時間の紡ぎにも耐えられるのだけれど、これがなかなか続かないもの。なかなか調子がつかめない。太くなったり細くなりすぎたり、プチプチ切れる。ようやく少し慣れてきた頃に1日が終わる1反1000gの糸を引くとすると1日100g(一反の糸を10日で紡ぐと聞いたことがあるので)紙芯に紡いだ糸を巻き取ると、もうこれくらいかなと終わるとだいたい一個が13gになってる(なんどやっても誤差が±0.2の13gなのは不思議)もちろん無理にいっぱい巻き取ることもできるけど紡錘の先が下がりすぎたりリズムが狂って不揃いになってる気がする。

以前紡いだとき合間合間で紡いだので一体どれくらいかかったのか見当もつかない。ただすごく長いこと紡いでた記憶だけがある。10日で紡ぎ終えるとすると1日約8個ですね。。1時間1個で8時間も根を詰めることは1日くらいはできるかもしれないけど10日続けるとなると。。織始めたら次の糸を合間合間に紡ぐべき。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。