4月19-20日『順徳院姫宮消息装飾経』調査のこと

今年に入ってから日記をつける機会を逃していたので大事な出来事を記録しておくことにする。

2018年末に『順徳院姫宮消息装飾経』調査依頼のお便りをいただいた。消息装飾経といわれるものは数多く現存しているが、はるばるスコットランドから不便なこちらのお寺にも調査に来ていただき本当に感謝している。良い機会なのでお手伝いがてら自身も勉強させていただいた。当初20日の午前中で調査を終える予定を組まれていたが、消息経が8巻もあること、さらに別に2巻計10巻も有ることで急遽19日の夕方から調査を始めることにした。保養荘の宿泊もなんとか確保して夕方6時より始めて保養荘門限ギリギリの10時終え、20日は午前8時より撮影を開始し、お昼頃発の京都行きの列車になんとか間に合った。以下赤崎地区公民館だより4月号より。

楞厳寺にて、Dr Halle O’Neal、Syouun Nikaido、Kaori Oikawa
左から Dr Halle O’Neal、Syouun Nikaido、Kaori Oikawa

英国スコットランド エジンバラ大学で日本文化を研究されているハリー・オニール博士(Dr Halle O’Neal)と、アシスタントおよび通訳として英国ウェールズ アベリストウィス大学、及川香(おいかわかおり)教授のお二人が楞厳寺へおいでになりました。

ハリー・オニール博士は神戸大学、百橋明穂(とのはしあきお)名誉教授の下で文部科学省の奨学金を受け日本美術史を学び、2018年夏、ハーバード大学出版より日本の仏画に関する本[『Word Embodied The Jeweled Pagoda Mandalas in Japanese Buddhist Art』を出版され、そして、次の研究として中世日本における消息経に関する研究論文の調査のため来日され、楞厳寺では、順徳院姫宮消息装飾経の調査が行われました。

経文の背後にちらほらと現れる美しい「かな文字」に、思わず感嘆の声が上がります。無作為に散りばめられた文字の端に「うれし」(たぶん。。)という文字を見つけた時、経文に隠れたその後ろに一人の女性の姿がおぼろげながら見えてきた気がしました。『順徳院姫宮消息装飾経』については昭和53年発行「写真でつづる楞厳禅寺」、56年発行「楞厳禅寺随想」が発行される前、何日もかけての写真撮影が行われました。写真撮影により解読が進むかと思われましたが、それから半世紀近く経った今もまだ実現していません。ハリー・オニール博士のこの調査研究は「中世日本における消息経に関する論文」として先の本と同じハーバード大学出版から刊行される予定だと伺いました。これをきっかけに日本でも幅広い分野での研究が進むことを願っています。

また今回、かな文字とともに背景に描かれた草木の水墨画も見ることができました。芒、女郎花、熊笹、松などの水墨画に銀彩が施されています。特に芒の繊細な葉の動きは雁皮の繊維と同じくらい細く細密に描かれています。銀が変色していないのも不思議でした。銀彩がはっきり見えるように画像を加工していますので少々ギラギラしていますが、実際は背景にもっと沈んで見えています。金界の幅は約22mmで、227mmの高さに17文字書かれています。実際の大きさと穂先18mmの面相筆と比較してみるとその線の細さがよくわかります。

 

おまけ

私もご一緒に記念撮影。4人で手分けして全て写真撮影を行い、ハリー博士は背中と腰を痛め、及川先生も通訳と撮影準備でへとへと、和尚は撮影後の巻物の巻き戻しに必死。せめてお寺の奥さんは食事の準備でもすればよかったと思いつつわたしもへとへとで、3人でコンビニへ向かう。おまけにハリー博士にお弁当をご馳走になるというオチがついた。またいつかゆっくりとおいでください。今度は田舎料理をぜひ。

クレーの日記

 

『クレーの日記』が届いた。

最近少し何もかも滞っている。最近って。。。ずっとなんだ。

松岡正剛の千夜千冊を読む
1035夜 『造形思考』パウル・クレー

——さてさて、もし諸君のアタマの中でデザインや編集が進まないというのなら、一度、パウル・クレーに立ち戻ってみるとよい。目からウロコがはがれ、脳のスダレがあがるだろう。それがどうしても面倒だというなら、パソコンを切り、部屋の電気を消して、アタマの中に30分前に浮かんだことをトレースしてみることである。——

 

パウル・クレー・センターで手帳に書き留めた、クレーの使っていた手作りの道具たち。

2006年1月11日 絵描きの道具

: ミハイ・チクセントミハイ: フローについて | TED Talk

――ミハイ・チクセントミハイは問いかけます「人生を生きるに値するものにするものは何でしょう」お金では幸せになれないと気付いた彼は、「フロー」の状態をもたらす活動の中から喜びと永続的な満足を見出している人たちを研究しました。――

 

This talk was presented at an official TED conference, and was featured by our editors on the home page

——————————————————————————————————————————

ミハイ・チクセントミハイ著『フロー体験 喜びの現象学』世界思想社 (1996/8/1)

第1章 幸福の再来

解放への道

>この単純な心理——意識の統制が生活の質を決定する——は遠い昔、実に人間の記録が存在する限りの昔から知られていた。——中略——しかし人間が数千年もの間、自由になる方法、自分の生活を統制する方法を知っていたということが事実ならば、なぜその方向にもっと進歩しなかったのだろうか。

>第一は、人が意識を自由にするのに必要な知識——または知恵——は蓄積されないということである。——中略——どうすれば良いかを知るだけでは十分でない。競技者や音楽家が理論として知っていることを実践し続けねばならないように、実行し続けなければならない。

>第二に、意識の統制の仕方についての知識は、文化の状況が変わるごとに再定式化されなければならないということである。——中略—— 本質的でない要素とこれらの基本的な要素とが区別されないと、自由への道は荒唐無稽な儀式の茨に覆われてしまう。儀式的形態が本質をしのぎ、探求者は出発点へまた戻らねばならない。

>意識の統制は制度化できない。それが一つの社会的規則や規範になった途端、当初意図されていたような有効性は失われ、不幸なことに常軌化が急速に進行する。フロイトがまだ生きているうちに、抑圧者から自我を解放するためのものだった彼の研究は固定したイデオロギーに変わり、厳密に体型づけられた専門職業に変わってしまった。マルクスはさらに不幸だった。経済的搾取という暴君から意識を解放しようとする彼の意図は、間もなくこの哀れな創始者をもたじろがせるような抑圧の体型へと転化した。そしてドストエフスキーその他の多くの者が認めたように、もしキリストが中世に再臨し、解放についての彼の教えを説き諭したとしたら、彼の名のもとに世俗的権力を築いた教会の指導者によって、何度も十字架にかけられただろう。

新しい時代ごとに——おそらく世代ごとに、または我々の生活状況が現在のように急速に変わるなら数年おきに——意識の自立の確立に必要なことがらについて最高し、再定式化することが必要になる。

リヨンと養蚕秘録

 

昨夜はほっこりしながら、以前NHKで見たリヨンの光の祭典 (Fête des Lumières) の動画を探し当て見ていた。 

光の祭典
毎年12月8日から11日にかけて「光の祭典」 (Fête des Lumières) が行われる。これは、ペストがアルプス以北の欧州で1348年から1353年に流行した際、リヨンのひとびとがフルヴィエールの丘にあるノートルダム聖堂のマリア像に祈りを捧げたところ、流行が治まったことに由来するという。この日の夜はリヨン市内の家々の窓際(感謝の捧げ物としてのロウソクなので、本来はフルヴィエールの丘に面した窓のみ。現在はそれにこだわらない)はろうそくの灯りで彩られ、建物や道路はイルミネーションで飾られる(時間を決めて、各家庭と街の不急の照明を消灯する。ライトアップされたノートルダム聖堂と、窓々のロウソクの明かりが幻想的である)
引用:ウィキペディアの執筆者,2018,「リヨン」『ウィキペディア日本語版』,(2018年6月2日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%AA%E3%83%A8%E3%83%B3&oldid=68767182

——以下はリヨンと養蚕秘録——

フランス第二の都市であるリヨンは、絹と織物の街として栄えてきた町なのだが、1855年にヨーロッパ全土に広がった蚕の病気がリヨンの絹織物産業に大打撃を与えた際、その助けになったのがシーボルトが持ち帰った上垣守国(注)による『養蚕秘録』であったことなどを知った。その後富岡製糸場などが建設される。養蚕秘録は但馬の絹の品質があまりよくなかったので品質向上のためにまとめられた本だが、この本の優れた点は、字を読めない農家の女性や子供にもわかりやすいように挿絵を多く用いていたことだ。

上垣守國の『養蠶秘録』がヨーロッパの絹糸産業を救った話ー奥正敬
https://www.kufs.ac.jp/toshokan/bibl/bibl212/pdf/212-27.pdf
https://www.kufs.ac.jp/toshokan/bibl/bibl212/pdf/212-28.pdf
https://www.kufs.ac.jp/toshokan/bibl/bibl212/pdf/212-29.pdf

(注)江戸時代中期-後期の養蚕家。
上垣守国(1753-1808)宝暦3年生まれ。但馬の国(兵庫県)養父郡(やぶぐん)蔵垣村(兵庫県大屋町)の庄屋。文化5年8月15日死去。56歳。通称は伊兵衛。号は仙栄堂。生年は宝暦1年説もある。蚕種の産地であった陸奥の国(青森、秋田、岩手、宮城、福島各県)を頻繁に訪れて蚕の飼育を学んだ。その成果を纏めたのが『養蠶祕録』である
(京都外大附属図書館 http://www.kufs.ac.jp/toshokan/gallery/france19.htm

国立国会図書館デジタルコレクション『養蚕秘録』はこちら
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2556952?tocOpened

 

関連記事 2013年8月13日 北但馬のモノつくり

 

思いがけないプレゼントしかも手編み

年末にクリスマスプレゼントと誕生日プレゼントがいっぺんに届いた

いつも黒いコートに黒い帽子だったから

『誰かと思ったら二階堂さん真っ黒です!』ってもう言われないですむ

これからは明るい色も身につけよう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。