初心に戻り

久しぶりに和綿の糸紡ぎをする。正座できないので。茶箱を使って収納を兼ねた椅子仕様にしている。だから、長時間の紡ぎにも耐えられるのだけれど、これがなかなか続かないもの。なかなか調子がつかめない。太くなったり細くなりすぎたり、プチプチ切れる。ようやく少し慣れてきた頃に1日が終わる1反1000gの糸を引くとすると1日100g(一反の糸を10日で紡ぐと聞いたことがあるので)紙芯に紡いだ糸を巻き取ると、もうこれくらいかなと終わるとだいたい一個が13gになってる(なんどやっても誤差が±0.2の13gなのは不思議)もちろん無理にいっぱい巻き取ることもできるけど紡錘の先が下がりすぎたりリズムが狂って不揃いになってる気がする。

以前紡いだとき合間合間で紡いだので一体どれくらいかかったのか見当もつかない。ただすごく長いこと紡いでた記憶だけがある。10日で紡ぎ終えるとすると1日約8個ですね。。1時間1個で8時間も根を詰めることは1日くらいはできるかもしれないけど10日続けるとなると。。織始めたら次の糸を合間合間に紡ぐべき。

NHKスペシャル~日本国憲法70年の潮流~

番組を見終わって感じたこと
◆国民のためにあるべき日本国憲法の、実現できたであろう法のいくつかが、表立って見えないように、静かに、じわじわと。70年の長い年月をかけて国(政治)や国民主権を認めない人々によって阻害されてきたのだと感じた。◆そしてそれは憲法の不備のせいであるかのように騙られている。◆改憲、護憲、いや、憲法について話し合う、それ以前の問題だと感じる。◆国家は国民を守らない。だから日本国憲法は作られたと言うことを忘れないでいたい。


画像番組HPより/URL https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586936/

再放送 2017年5月11日(木) 午前1時00分(60分)

メモ〜

今朝は洗面所のタオルに10cm超えの大きなムカデが張り付いていたらしい。
ムカデは進んで人間を攻撃しないって何度も出会うとわかります。
だっていつも『ここにいるよ』と大きな足音で教えてくれる。
軍手に入っていたこともあったけど5分くらいじっとしてたこともあった。
多分びっくりして、でもどうしようもなかったのだろう。
そのあと私もびっくりして軍手を投げたけど。
でも、もう戦わないことにします。今までごめんね。
だからあまり早く走らないで。

筍・竹の子・保存

猪も 食べ飽きたのちの おすそ分け。

耐熱耐冷の専用袋で真空パック。95℃で40分加熱。

瓶の保存なら一年持つし、繰り返し使えるのだけれど。なので使い捨てのナイロンの袋は悩むところ。

まるまる一個入る瓶は嵩高いし。一月後に使い切るのでよしとする。

たくさん作ってあちこちあげたこともあったけれど、ここ何年かほとんど採れない。