4月19-20日『順徳院姫宮消息装飾経』調査のこと

今年に入ってから日記をつける機会を逃していたので大事な出来事を記録しておくことにする。

2018年末に『順徳院姫宮消息装飾経』調査依頼のお便りをいただいた。消息装飾経といわれるものは数多く現存しているが、はるばるスコットランドから不便なこちらのお寺にも調査に来ていただき本当に感謝している。良い機会なのでお手伝いがてら自身も勉強させていただいた。当初20日の午前中で調査を終える予定を組まれていたが、消息経が8巻もあること、さらに別に2巻計10巻も有ることで急遽19日の夕方から調査を始めることにした。保養荘の宿泊もなんとか確保して夕方6時より始めて保養荘門限ギリギリの10時終え、20日は午前8時より撮影を開始し、お昼頃発の京都行きの列車になんとか間に合った。以下赤崎地区公民館だより4月号より。

楞厳寺にて、Dr Halle O’Neal、Syouun Nikaido、Kaori Oikawa
左から Dr Halle O’Neal、Syouun Nikaido、Kaori Oikawa

英国スコットランド エジンバラ大学で日本文化を研究されているハリー・オニール博士(Dr Halle O’Neal)と、アシスタントおよび通訳として英国ウェールズ アベリストウィス大学、及川香(おいかわかおり)教授のお二人が楞厳寺へおいでになりました。

ハリー・オニール博士は神戸大学、百橋明穂(とのはしあきお)名誉教授の下で文部科学省の奨学金を受け日本美術史を学び、2018年夏、ハーバード大学出版より日本の仏画に関する本[『Word Embodied The Jeweled Pagoda Mandalas in Japanese Buddhist Art』を出版され、そして、次の研究として中世日本における消息経に関する研究論文の調査のため来日され、楞厳寺では、順徳院姫宮消息装飾経の調査が行われました。

経文の背後にちらほらと現れる美しい「かな文字」に、思わず感嘆の声が上がります。無作為に散りばめられた文字の端に「うれし」(たぶん。。)という文字を見つけた時、経文に隠れたその後ろに一人の女性の姿がおぼろげながら見えてきた気がしました。『順徳院姫宮消息装飾経』については昭和53年発行「写真でつづる楞厳禅寺」、56年発行「楞厳禅寺随想」が発行される前、何日もかけての写真撮影が行われました。写真撮影により解読が進むかと思われましたが、それから半世紀近く経った今もまだ実現していません。ハリー・オニール博士のこの調査研究は「中世日本における消息経に関する論文」として先の本と同じハーバード大学出版から刊行される予定だと伺いました。これをきっかけに日本でも幅広い分野での研究が進むことを願っています。

また今回、かな文字とともに背景に描かれた草木の水墨画も見ることができました。芒、女郎花、熊笹、松などの水墨画に銀彩が施されています。特に芒の繊細な葉の動きは雁皮の繊維と同じくらい細く細密に描かれています。銀が変色していないのも不思議でした。銀彩がはっきり見えるように画像を加工していますので少々ギラギラしていますが、実際は背景にもっと沈んで見えています。金界の幅は約22mmで、227mmの高さに17文字書かれています。実際の大きさと穂先18mmの面相筆と比較してみるとその線の細さがよくわかります。

 

おまけ

私もご一緒に記念撮影。4人で手分けして全て写真撮影を行い、ハリー博士は背中と腰を痛め、及川先生も通訳と撮影準備でへとへと、和尚は撮影後の巻物の巻き戻しに必死。せめてお寺の奥さんは食事の準備でもすればよかったと思いつつわたしもへとへとで、3人でコンビニへ向かう。おまけにハリー博士にお弁当をご馳走になるというオチがついた。またいつかゆっくりとおいでください。今度は田舎料理をぜひ。

畑 ニホンムラサキ (紫根 シコン)を植えてみた

ナンバンカラムシの横少し離してニホンムラサキを植える。

日本紫、なかなかネットでも見つからなかったのだけれど Plant-Plants さんで苗を見つけ購入し植えてみた。良心的な価格で、育て方注意点なども詳しく教えていただいた。茜のようにちっちゃくて細いものを想像していたのでそのしっかりとした葉物野菜のような苗にちょっとおどろいた。5月30日に植えて6月16日の苗の様子。

畑は数年放置していたためガチガチに固まっていて、スコップで掘り起こして(和尚が)、その後耕運機を試みるも動かず、慣れない鍬でほぐした程度なのでやや固いところがあるものの、根付いた様子。6株で根を使ったらどうするのって数だけど、株分けで増やせるとのことなので根気よく待つとしよう。「染織植物園」というにはまだ程遠いけれど、いつか。。。

 

畑 苧麻の移植

5月24日にナンバンカラムシを移植。

毎年採取してきた道端のナンバンカラムシはここ数年生育状態が悪い。多分私が刈り取った後また行政によって刈り取られ、葉を茂らせる間がないためだろう。そんなことでここ数年は刈り取りを行ってない。何度か根を採取して植えていたが、ここでは鹿が食べつくしてしまって全く残っていない。そこで柵を作ってここで育てることにしたのだ。ところがこの根がなかなか頑固で採取できるって状態じゃない。コンクリートの下に食らいついていて簡単に採取できない。なんとか何本か細っこいものを採取して植えてみた。

ようやく梅雨入りして、植えてから半月ほどしてようやく芽を出し始めた。  3年ほどは刈り取らず様子を見る。その間もせっせと根を採取して移植しましょう。環境は申し分ないはず。

畑の柵完成と鹿の食害について

8日に東面10枚を設置して、杭と柵を仕入れてもらう。杭は廃品の鉄柱を切ったもの。

ありがと。丈夫だわ。。。でも、おもいわ。。。太いから打ち込むのに3倍時間がかかったわ。それで昨日は5枚ほど設置して終わり。今日はコツがつかめて全て設置完了。扉もうまいことできた。今日は1日曇空で風も心地よく仕事もはかどった。何時もなら7時でもまだ明るいのにさすがに今日は6時でも暗くて写真は一枚だけ。明日は道端で採ってきた野カラムシの根を植えてみよう。今まで植えたものはすっかり鹿に食べられてしまい跡形もない。どうやら好物らしい。梅雨に入るまでにもっと根を集めよう。

鹿の食害でさいきん気が付いたことがある。

参道の坂にびっしり生えているオウレンの種がすっかりなくなっているのだ。花の後すくっと伸びた放射状の袋の中には種がたくさん入っていて、成熟して黄金色になり飛び出して増えていく。オウレンは薬草で多分根も茎も葉も苦いものだろうから(想像)食べはしないだろうと安心していたが、山茶花の木の陰に少し残っていただけで他はすっかり見当たらない。長く伸びた茎もない。そういえば数年前までは苔が見えないくらいに生えていたはず。このままではいつか絶えてしまうのではと不安になる。とは言えお寺の境内が柵だらけというのも見栄えが悪いので、景観を損なわない程度の対策をそろそろ考えねばならないかな。

もう5月に

 

新緑が眩しい。山の藤の花が木々に覆いかぶさるように咲き乱れている。とてもワイルド。

裏山の畑の柵を立て直すことにした。ここ2〜3年放置したままの柵は土に埋もれ草の下敷きになっていた。鉄の格子の柵は鹿が飛び越えられないように縦に置く。東側に10枚、あと26枚。

鹿の餌場になっていた畑の隅に菖蒲だけが残っていた。いい香りがするけれど、鹿はこの香りが苦手らしい。少しだけかじった葉の合間に菖蒲の花をみつけた。ハナショウブとは全く違う地味な花だ。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。