Press "Enter" to skip to content

手編み用の毛糸

手織りをする人はまわりにに少ないけれど、手編みをする人は多いので手編み糸を紡ぐ練習を始めた。姉が編んでいた細番手のショールの糸をお手本にする。編みやすいように、なるべく綺麗な梳毛糸にせねばならない。そして、ふっくらとした糸にしたいのだけど、ついついよりがかかりすぎる。注意しながらゆっくり進む。参考にした深紺系色の糸は ウェストヨークシャースピナーズ「エクスクウィジット」トラフル

これです こんなに綺麗な糸ができますでしょうか。。。
素材 : 80% フォークランドウール、20% マルベリーシルク
重さ : 100g
長さ : 800m

フォークランドウールってどの羊か調べると、ロムニー×コリデールまたはボルワスということで、手触り柔らかく細番手ということらしい。マルベリーシルクのことも家蚕のことだと知る。とりあえず手持ちのブラックメリノ(ベージュだけど)タッサーシルク(野蚕)でどうでしょうと試してみる。ウールとシルクのブレンドには、ロシアン・パドル・コームとディズ(Diz)を使う。

 

*今日の思い
日本を分断する政治

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。