Monthly Archives: 12月 2015

もうちょっと頑張る

IMG_1329

お正月のお花に梅の枝を切り、残りは草木染に使う。

そういうことが幸せなのだと思う。

早くゆっくりしたいものだ。

もうちょっと頑張る。

リリーズコーラス2015の〆

IMG_1263

12月14日 浜坂リリーズコーラスの反省会・忘年会・お疲れ様会でした。今年は岩美の『たつみ』さんで。食事後に近く喫茶店でコーヒーを。

今年のたじま音楽祭はゆむら女声コーラスさんと合同で、少し欠席もあり25名くらいだったでしょうか。毎回録音の音源は各団体のみをMDで頂くのですが、今時MDってのもなんだかな。。書き出す機材を持っていなかったので3年前に私オークションで機材を手に入れてみなさんにCDを焼いてあげています。今年は26枚を焼きました。滅多に出番のないMDチューナーも喜んでいるようです。

そんなことで、MP3に書き出してみました。音楽祭に向けての練習は雪のなくなった4月からで、8ヶ月しかも月2回というと16回。他のチームに比べるととっても少ないんですが、歌うことを皆楽しんでいます。平均年齢69歳くらいだそう。

 

麦の唄・切手のないおくりもの MP3

枇杷の葉染のスカーフ

12月9日に草木染め教室を行いました。写真は同じものを光源の違う場所で撮った写真です。左はほとんど蛍光灯、中が自然光半分蛍光灯半分、右は曇り夕方近くの屋外です。草木染めの色は光源ですごく違う色に見えます。

前後にいろいろな行事がありちょっと講師のわたしの準備不足、指導不足、思違いなどなどのお陰で随分ムラに染まってしまいました。この写真はそのあとで預かり、媒染を抜き染めムラを直しもう一度一色かけたものです。ムラになった原因は色々考えられるのですが、煮出してからすぐに染めた色はまだ赤みが少なくて黄色みの強いフレッシュな色合いでした。写真に残しておかなかったのですが、もっと枇杷の実色に近かったと思います。

教えるということの難しさを改めて感じた1日でした。

それから、枇杷の葉の利用についても「お茶どうやってつくるのかな」などと話していましたが、後ほどフェイスブック友達の高山 富士子 さんから色々教えていただきました。覚えに書き留めておきましょう。お茶も染めもやはり古い硬い葉のほうがいいそうです。

枇杷茶は、固い古い方の葉っぱをとってきて、タワシで両面ゴシゴシ洗って、干して、適当にちょきちょき切って、便とか缶にいれとくだけ。煮出してもいいけど、普通にお湯注いでもうまいです。わたしは黒豆とかドクダミとかと混ぜてお茶にしてます。ほんとに簡単。あと、枇杷エキスは、同じように干してちょきちょきしたのに米焼酎(玄米焼酎があればなおいい)をヒタヒタに注いでおいとくだけ。風呂は、同じようにちょきちょきしたの(生でもいい)煮出して、でてきた茶色い汁を風呂に入れるだけ。あと、ぎっくり腰の時は、生葉をタワシで両面洗って、貼っとくだけ。ガンの時はがんがあるところに同じように洗った生葉を貼っとくだけ。ずいぶん延命効果はあるようです。