杉皮因州和紙 

杉皮の因州和紙を食器棚の棚全部に敷き詰める。智頭杉皮を利用している。特にこの紙は原料は杉皮100%のもの。たまたま違う用途で購入した物なのでちょっと大きかったが、手ですっきりと折り目もついて食器の下になじみも良い。ちょうど、うすーいコルクボードのようだ。皮が100%というのは少しふっくらとした弾力も有り思いがけずぴったりの素材でうれしくなる。合板の安っぽいプリントの木目を天然の素材で覆ってしまえるのも良い。

さいきん、床材や除湿剤,すのこや箸にも青森ヒバを使っている。家中が尋常じゃない湿度で、何もかもカビだらけになるからだ。こんな和紙が青森ヒバでも作られれば良いのに。それから、天然樟の木の防虫シートとかね。。。

などと妄想しているうちに気持ちよく片付いた。

使っているうち、紙がするすると動いて扱いにくいので、地張りスプレーを紙の裏に薄く吹き付けてしっかり乾いてから棚に置く。こうすれば食器の出し入れに動く事も無くなる。紙の交換時もきれいに剥がせる。地張りスプレーあるいは、 3M スプレーのり55は、一つ持っておくと、壁に紙を貼ったり裁縫をするときとか何かと便利。杉皮和紙は強く扱うと破れやすいので注意。

紙の購入先は因州和紙専門店のカミシマ。通常販売されているランチョンマットなら40cm×27.5cmで10枚入り900円と割とお得なのだが、別注の大きさだと、ロット数100枚となる。杉皮和紙は全国で作られているので,色々当たって見るもよし。

株式会社カミシマ オンラインショップ

杉皮和紙 – Google 検索

地張りスプレー/田中直染料店

3M スプレーのり55

榎並さんの個展の事など

ギャラリーHP   http://www.k2gshima.com/access/index.html

榎並和春さんのHP http://enami.sakura.ne.jp/

お近くのかたはぜひぜひ。

私は行事後の体調が回復していたら伺おう。

もうじき行事があるので開かずの押し入れを片付けている。

6年くらいは中を見てない気がする。。。

こうやって、毎回行事ごとにどこか大かたづけをしているのに,

ちっとも片付かないのはなんでだろ。。

 

おっと、道行きの提灯が出てきた。

昔はこれもって,かごに乗ってお参りに行ったそうです。

(もう一つのお寺には本堂の廊下上方に駕篭が吊ってある。)

いつか修理しようと、大事に箱に入れておく。

それにしても、ウチに有る物は茶色ばかりだ。

良い色だな。

縦型紡毛機で綿を紡ぐ

クロムスキー社 マズルカ

ボビンは内側のドライブホイール、フライヤーを回すのは外側のドライブホイールで。

どちらも円周の小さい方。

これでいいのかなあ。。ダブルドライブと言う仕組みが

いまいち実感出来ないので、毎回半信半疑。

(ドナタカ、モノスゴクワカリヤスク、オシエテクレマイカ。。。)

ダブルドライブで撚り掛けも かなりやっているはずなのに

「でも、これじゃないと切れるから、やはりこれなのかなぁ。。」

と言ったぐあいで。なんだかすっきりしない。

 

ダブルドライブ式
亜麻を紡ぐフラックス・ホイール(flax wheel、flax とは亜麻のこと)は、ダブルドライブ式糸車 (double drive wheel) の好例である。ダブルドライブとは、ドライブバンド(調べ糸)が二回はずみ車にかけられていることから来ている。ドライブバンドはフライヤー(馬の蹄型をした、輪のような形の木の部品で、ボビンを囲う形になっている)と、ボビンの両方を回す。ボビンは外側のフライヤーより回転半径が小さいので、はずみ車にかけられたドライブバンドは小さいボビンのほうを速く回そうとする。ボビンに糸を巻いていないときは、ボビンとフライヤーは同じ割合で回る。しかしボビンに糸が巻かれ出すと、ボビンはフライヤーより回転が速くなり、この回転速度の差により糸が巻き取られてゆく。それゆえ、糸をよりよくボビンに巻こうとすると、ドライブバンドをきつく締める必要がある。またボビンの交換は若干、後述のシングルバンドに比べて面倒である。
ダブルドライブ式の糸車のドライブバンドには、一般的に伸び縮みしない糸が使われている。綿布の一種であるキャンドルウィック (candlewick) も同様に使われる。

糸車 – Wikipedia より

綿といっても、海島綿だから、繊維はとても長く絹のように滑らか。

ただし、少し滑らかすぎてうっかりするとすっぽ抜ける。

でも、まあ、これが紡げなければ,どの綿も紡げまい。

なんで慣れた糸車で紡がないのかと言うと

ぽこぽこと節のある糸を急ぎたくさん紡ぎたいのだ。

ぽこぽこの糸、何時もの和式糸車では作れなくなった。

ちっと上達したかな ( ̄ー ̄)☆

両手指先で綿の出ぐあいを調整しながら紡ぐ。やや太い感じ。

右の調整ねじでテンションを強くすると糸が早く巻き取られ甘縒りになり

ゆるくすれば巻き取りが遅くなり撚りが多めにかかる。

  1. 綿を多く引き出して撚りを強くする
  2. 綿を多く引き出して撚りを甘くする
  3. 綿を少なく引き出して撚りを強くする
  4. 綿を少なく引き出して撚りを甘くする

1番は糸番手が太くなり4番は番手が細くなる。

ちなみに撚りは和綿と同じようにS撚りにしている

この糸車の場合は、調べ糸をねじっていないのではずみ車は時計と反対に回す。

S撚りとZ撚りについてはこちら☞  手紡ぎ糸で織りたい

 

ボビンいっぱいまで紡げたら糸番手を調べてみよう。

織の道具

両手が離せる洋式糸車 長い繊維の糸紡ぎと紡いだ糸の撚りかけ撚り合わせに使う。

ポーランド、クロムスキー社の縦型紡毛機。勢い良く踏み込むとがたつくけれど

コンパクトなのがお気に入り。大急ぎでより掛けるときはさすがにぽんぽん飛び跳ねるので

柱に縛り付けていた。

洋式の道具と和式の道具が入り交じっているとなにかとややこしいが

小枠に糸を巻き取る座車だが

 

洋式糸車のボビンの穴のサイズが同じだった。

 

写真はくらくてわかりにくいが,お尻にちょうどいい穴が二つ

金具がちょこっと引っかかってちゃんと回る。