台所の窓から大きなあけびの実を見つけた。まだ紫色もみずみずしくて、割れた実の白さとのコントラストが美しい。採ろうと思えばとれなくもない高さだったけど、鳥も食べにくるだろうし、、採ろうか採るまいか決めかねていた。すっかり開ききった様子を、「やっぱり惜しいことをしたかな、一個くらい食べておくべきだった。。」と眺めていたら目の前のすぐ手の届く辺りに、一回り大きいのが3個、「早く食べてくださいよ」と言わんばかりにぱっくりと開ききっていた。一個は鳥に残して2個いただく。スプーンですくう様子は一見アイスクリームでも食べているようだがほとんどは種。皮は初めて天ぷらにしてみる。ほろ苦い冬瓜のような食感。ほんのり甘いほろ苦い、季節を食した。

2 Thoughts on “あけびを食べ尽くす”

  • ども、マスダさん。
    本当はもちょっと紫がきれいなうちがいいでしょうね。
    一度お試しあれ。

  • ワタシも先日あけびを食べました。
    皮を天ぷらとは・・・そんな食べ方があるのですね。

コメントは受け付けていません。