気温が高くていいお天気だった。こんな日は銀杏洗いをすべし。早く種糸を作りたいけれど、これ以上寒くなってからの銀杏洗いは過酷すぎるので今日は銀杏に専念する。今までのも合わせるとコンテナに6杯分くらいになっただろうか。半分は母が洗っている。こんないい日に銀杏を洗った事が有っただろうか。時々吹く冷たい風も心地よい。夜寝る前に絵絣の型紙を彫る。彫り終えてちょっと気になる箇所があり彫り直す事にする。

JUGEMテーマ:日記・一般

2 Thoughts on “銀杏洗いと型紙作り”

  • わぁ~!三節さん。おひさしぶりです。おげんきですか?
    その節は、ありがとうございました。
    銀杏は年末年始、お歳暮やらお年賀やらお供えやらのお返しに使います。こんなに多い年は洗い切った事が無い(というか、殆ど母任せでしたから)のですが。そろそろ母も腰が痛いらしく。私もがんばらねばと思っています。今年はネットにがさっと入れて軽く踏みつぶしてから広げ、種だけを取り出して2~3日川で晒しておおかたきれいになったところで洗濯機に入れて仕上げ洗いをしてから干します。

  • ええっ、コンテナ6杯ですとーっ。
    それ保存食にするんですか、それとも販売とか、おすそ分けにするんですか。それにしてもその作業は私も何度もしているので分かりますが、でもそんな大量にしたことはないのでそうとうに大変だろうなあと想像します。
    まさか皮取りは古い洗濯機を使うとか(笑)。

コメントは受け付けていません。