草木染め

DSCN5441

やはり日中はまだ暑いのだけど、台所で草木を煮出すのも、それほど苦にはならなかった。時折涼しい風がふいてくる。リネンの真白なキャンパスを無地染めする。野のカラムシは枝葉で染めると黄色になるはずだった。煮出し汁は黄緑だったがほとんど染まりつかず、薄いグレーになる、んんん。量が少なかったか、強撚糸のせいか。でも「灰白」とかパールホワイトとか言う上品な色になる。よもぎ、鉄媒染のグレーに似ているかも。同じようにサクラも染める。亜麻色の生成りと白晒と、灰白、うす桜、と並べると実に美しい。平織りの透けるリネン小幅の布も一緒に染める。

Comments are Disabled