草ぼうぼう

TS331368

衣と食の農業なんて,ご立派なタイトルを付けた物の,食ははやばやと降参してしまい、残る「衣」も草むらの中でちっちゃくなっている。草取りは農業の基本中の基本と肝に銘じたはずなのにこの草ぼうぼうはどうしたことか。あまりのすごさに放置していたがようやく重い腰を持ち上げた。どうやら私は露草を育てていたようだ。それならば露草で染を、、と思ったが花で染めるにはもっと育てねば足らないようで速攻であきらめた。10日と11日でほぼ取り終えた。

JUGEMテーマ:植物

2 Comments

  1. toshi 2009年9月14日

    調べたらhttp://www.suzukisyoten.com/kenkou/nogusa02.htm のページにのっていました。早速はさみを持って取り残した露草を見に行きました。が,もう随分固そうでした。来年まだ出たての頃の新芽を摘んで試してみましょう。そこにスベリヒユのことも。草を取るたび美味しそうだなとおもっていたのですが、やはりたべられるそうです。

  2. seedsbook 2009年9月13日

    とてもよい環境にお住まいですね。
    ところで露草の蕾や芽の辺りを食べることもできるそうです。
    さっと油で炒めたりするらしい。
    私は食べたことはありませんが、興味あり。

Comments are Disabled