「涼しくなりましたね」と挨拶の言葉もかわった。お盆が終わったとたん急に秋の気配がしている。お隣さんの道沿いの苔は草一つなくてきれいなのだけど「今年の苔はおかしいですよね」と立ち話。うちの庭も所々円形に茶色く枯れている。「苔栽培しなくっちゃね。」「前に苔玉作ってましたよね。」ああ、、そういえばそんなことも久しくしていないわ。苔玉作れるほど良い苔も少なくなったけど、またちょっと作ってみようかなぁ。今日、明日は地蔵盆なので、午前中にお地蔵さんの掃除と花入れをすませる。雲さんは浜坂の慰霊祭に出かけた。

苧麻糸に撚りをかける。糸がぱらぱら落ちてきてなかなかやりにくいもの。どれぐらい撚りをかけるのか、どれもこれも一度やってみないとわからないことばかり。何もかもが手探り。いくらかたまったら、緯絣の用にくくって染める。合間合間に綿の糸も紡いでいる。すっかり間が開いてしまい、太さと撚りの感じがなかなか思い出せなくて困ったけれどようやく思い出した。

JUGEMテーマ:日記・一般

2 Thoughts on “秋の気配”

  • junkoさんこんにちわ。
    うふふ。。。糸玉がきれいにできたらとってもうれしいけど、がたがたの方が多いのです。昔の人の糸玉を古道具屋さんで見ることが有るのですが、でっかくてもっとかっちりとしててきれいです。修行修行。
    おじぞうさん、、もうずいぶんぼろぼろではたきをかけるたびに胡粉がぼろぼろおちてきます。いっそ私が御化粧し直そうか、、、ともくろんでいますが。。

  • こんにちわ
    美しいですね。糸玉。
    苔玉を作ったり、お地蔵さんのお掃除とか、相変わらずtoshieさんの生活は憧れてしまうわ、、

コメントは受け付けていません。