生け花ー水辺の植物

水辺に生えている植物を睡蓮鉢に生けると云うのはどうだろう。姫ガマの穂とサンカクイと言う水性植物を頂いた。茎が三角形をしている。「イ」はい草のこと。大きくなった金魚の「らんちゅう」は珍しいものが大好きで、七宝に差した根元に早速集まって来てつつき始めた。

サンカクイによく似たモノにカンガレイと云う種類も有り、私には実はどちらなのかよくわからない。ただ、「カンガレイは側生した花序に柄がなく頭状をするが、サンカクイには柄を出すものがある」とも言われているので、これはサンカクイだと思う。生え方は、「カンガレイは束生するが、サンカクイは束生せず、地下茎を伸ばして1本ずつ立っている。」とある。

珍しいと思い、いそいそと実家に持っていったら、「田井川に生えているだろう」と父。毎日通る川を眺めているつもりだったけど、車じゃあね、、見たうちに入らない。自分の足で歩かないとね。

Comments are Disabled