未来の起源 岡本佳比古准教授 BS-TBS 3.19

 TBS 未来の起源 名古屋大学大学院 岡本佳比古准教授 関東では2017年3月12日に放送された番組。
関西ではBS-TBSで3月19日(日曜)午後8:54放送。

 

 

『名古屋大学大学院の岡本佳比古准教授は巨大な不熱膨張を示す材料を発見した。大抵の物質は温めると膨張するが岡本准教授が発見した「炭酸カルシウムと酸化ルテニウムを反応させた後に含まれる酸素の量を減らした物質」は温めると縮むことを導いた。既存に報告されている縮む物質より岡本准教授が発見した物質は2倍も縮むことが判明し、熱による僅かな膨らみも嫌う半導体・人工衛星・航空機の分野での応用が期待されている。そんな岡本准教授の原動力は探究心や好奇心に起因するなどと語った。』

未来の起源 (2017年3月12日放送回) ]の番組概要ページ

温めると縮む新材料を発見 — 精密機器や電子デバイスなど広汎な応用に期待 — 名古屋大学

名古屋大学竹中研究室

 母に見せるために父に頼まれ携帯を3脚に固定して至近距離で撮ったけど何やらメッシュが見えるし音も小さい。
父にこの話を聞いた母はたいそう喜んでいたらしい。携帯の画面では小さいだろうし、施設のTVがMIDI接続できれば良いのだが。

Comments are Disabled