DSCN7120.JPG DSCN7123.JPG

講習前の日に、急いで染めた見本。黄色系は、鉋屑の山桜×桑。みかん色がさくら、黄色が桑。桜の色を明礬媒染にすると黄味が強くなるのは解っていたが、こんなに黄色くなった事が有っただろうか。。煮だしてからあまり時間をおかずに染めたせいもあるかもしれない。(化学染料でも、黄色は先走って染まって居たような気がする)茶系の方は山桜のみ、媒染剤を灰汁と酢酸鉄にしてみる。真ん中のピンクはもっときれいだったが、濃い部分、鉄媒染の部分を広く取りすぎたので隠れてしまった。講習では控える様にした。クレープ(揚柳)の絹生地はセシリンを除去していないぱりっとした布だったが、セシリンが、ほぼ除去されて練りをした様に柔らかくなっている。染液が十分中和されていなかったかもしれないし、灰汁媒染の影響も有りかも。太陽の光で撮った右の画像では、黄色がちょっとおとなしい。

カイコ(蚕)がを食べて作ったの絹生地を桑で染めたんだ!」と今頃気がつく。