豆絞りの豆の形や大きさ、間隔のことを、絣の特性にあわせて、もっと慎重に考えれば良かった。はじめに輪郭を決めてしまったのはまちがいだった。それと、少し直線部分をなくして丸みを帯びた四角にした方が良かった。緯絣ならではのフリーハンドの四角の形。様々な豆の形。しっかし、、、豆になってない。

縦は詰めても良い。横はもう少し離した方が豆の形がきれいに出ただろう。1cmに緯18本入る予定が、藍染めで、経糸も太ってしまいがんばっても15本しか入らない。20%も経に柄が伸びるので随所で糸を抜きなんとか10%ほどにする。仕上がりに縮んでほどほどになればいいのだが。

「あちらをたてればこちらがたたず」絣はどこか人間関係を思わせる。どちらかを極端に合わせると片方がひずむ。かといって、放っておくともっと大変な事になる、微妙に気にしながら何もしてないほどに手をかけることが大事。いつも目を細めて遠くから全体を把握して、なおかつ細部に気を配る。うーん。。。なかなか奥が深そうだ。

JUGEMテーマ:染織