Skip to content →

反物を飾る

湯のしが混んでいるらしくもしかすると先に織り上がった友人の反物が、仮仕立てが出来ないかもしれないという話を聞き、間際で何とかなれば良いがと思いつつ万が一に備えて手持ちの作州絣の反物でディスプレイ方法をあれこれ試してみる。きっちり仕立てられているのも良いけれどこうして、「布から着物へ」と言う様な表現方法も良いのでは。絵絣独特の耳の合い印も見えて、作り手の息づかいも見えて来るんじゃないかな。糸車や織の道具をあしらえば完璧(自画自賛)。此れはいつか自分の展示会でも使える。お家の壁面などに、絵を飾る感覚でお気に入りの反物をこうして飾っておくのもおすすめです。画像クリックで大きく見れます。

JUGEMテーマ:染織

Published in 絣講習