「畑の草は伸び放題で,稲は花をつける頃なのに困った」農家の方がぼやいていた。冷夏ではお米の収穫に支障を来す。虫も変だ。毎年巣を作るスズメバチの姿が見えない。そして,長雨の為の土砂災害。昨日家人と裏山の谷が崩れたらどうするか話し合った。この土地は大昔山が崩れて海が沼地になった土地らしい。「石垣さえ崩れなければ此処は高台で、もしかしたら一番安全かも、そうなったら、まず犬の花とくまを安全な場所に移動して、蔵の物を本堂に運び出して、近くのみんなを誘導するから、雲さんは消防団員だから此処の事は心配しないで、災害救助にいく事」まあこんなことでも確認しておくとしないとでは随分違うだろう。でも,きっと私は,蔵の物より紡いだ糸と糸車とパソコンを真っ先に持ち出すにちがいない。でもきっとみんな守るから。必ず方法は有るはず。次の手も考えておこう。

JUGEMテーマ:日記・一般