佐渡からのたより~佐渡の裂織~

としさん

一昨日、佐渡の郷土芸能のイベントがあり、その会場で裂織が売られていたので写真に撮りました。まあ珍しくはないと思いますが、いちおう送りますね。

それと今日、今度発売される天野尚(あまの・たかし)さんの佐渡の写真集を見たのですが、その中に佐渡の海面を撮ったものがあり、それが裂織の雰囲気とそっくりだったのでびっくりしました。これは佐渡に12年いて、初めて気づいたことです。青い海面とか朝日や夕日の海面が、本当に裂織っぽいのです。もしかしたら昔の人はそれをイメージして織ったのかも知れません。佐渡の裂織がもしも島の海をモチーフに生まれたものだとすれば、苦しい生活の中から古着を貴重な再資源としつつも、作る以上は、そこに何らかの意匠(遊び心)を込めたのではないかと思いたいものです。

萩原

Comments are Disabled