やまざくらの鉋屑

DSCN6459

去年からためてもらっていた山桜の鉋屑をもらってきた。
大袋一つ。口が縛れないほどぎゅうぎゅうつめてあったので、二袋に分けた。何かの理由で切り倒された木がさて、何枚の天板になったかな。。切りくずはぐつぐつ煮出されて麻や綿や毛の色を染める。なんて無駄がないのだろう。口を開けて袋に手を入れて、かさっとひとすくい混ぜてみた。ふわ~っと桜のにおいが立ちこめた。

“やまざくらの鉋屑” への1件の返信

コメントは受け付けていません。