みつばちと不思議な箱 その2

綿の観察と、みつばちの観察が一度に出来て今年はとても充実した夏だった。
しばらく来ない間に、すべての箱に網が張られていた。やはり持ち主と出会う事は無い。今日はまたその上に小さな網のパーツが取り付けられていて、その中にでっかいスズメバチが出られずに慌てている。やはりスズメバチよけだったのだ.そして今日の箱はスズメバチの罠なのだ。習性を利用した物なのだろう。下に潜れば入ったところから出られそうな物なのに。入ってしまったが最後、網の中で息絶えている。いくつかの箱のそばには壮絶な戦いが有ったのか、たくさんの蜜蜂の死骸も有った。

Comments are Disabled