Skip to content →

みそを仕込んだ


今日は雨で、染め物はできないけど、お留守番をしなくてはいけなくて出かけられず。しかたがないのでみそを仕込む。こんなんじゃあ味噌に失礼だって思うが。。。思いながらもちゃんと夕べ寝る前に豆を漬けたのだから、やはりそれなりに、やる気まんまん。しかし、相変わらず、まったりとやることが遅い。だいたいひと月は遅い。しかも、豆ときたら用意した普通の大豆が足りなくて、いただいた青大豆も混ぜ、節分に残した炒った大豆も混ぜ。相変わらずアバウト。しかも、味噌仕込みは見たこともやったことも無いときた。が、なんとか聞いた通りにやってみました。ふたたび森新屋商店さんのこうじのお世話になる。

10月14日に味見をした。


材料:大豆ー1升、米こうじー1,500g、塩ー5合
2月に仕込んだ場合は、4月、6月、8月に上下を切り返しをして11月が食べごろだそうな。

「アレンジは教わった通りにできてからにしなさい!」と、いつだったかも同じような事があったような気がする。

Published in くらしの手帖

4 Comments

  1. とし

    あ、勘違い。こうじだと思いこんでいました。

  2. 三節

    老婆心ながら、
    レンジでチンするのは糀じゃなく、酒粕のことですからね。
    念のため。

  3. とし

    こんにちわ。
    >レンジでチンして味噌汁に入れたり、オーブントースターで焼いてオヤツ
    というのは新しい情報です、絶対やってみねば。おなかの中でアルコールになったりして。

  4. 三節

    私は米糀大好き人間。
    今年も酒粕を冷凍しております。粕はコチコチになりません。
    これをレンジでチンして味噌汁に入れたり、オーブントースターで焼いてオヤツにしてます。
    しかし糀と言えば、やはり「甘酒」です。
    ご飯と糀と水を混ぜて置いておくと糖化作用で甘酒となります。
    でも時間が経つと空気中の乳酸菌と家付き酵母により平行複式発酵が起き、お酒になってしまうので注意が必要です。
    必ず発酵する前に呑みきりませう(ほっほっほ)。

Comments are closed.