織り前の予備の丈ももうぎりぎりまで緯糸の選定に使い果たしもう絣がそこまで見えてきた。2本よりが何となく厚ぼったく感じられて、一本ではどうだろうとか、糊の固さはどうだろうとか、試行錯誤。でも結局2本よりに戻った。経糸のぼかし足まで織り進んで様子を見る。緯絣は濃いめの藍が入る、その境目のぼかし足をきれいに出すためにぼかし足と同色の緯本数を数えて地糸を染めるか、いっそ「緯糸段ぼかし」の方法を考えるか。。

JUGEMテーマ:染織