ちきり巻き後

ちきり巻き終了後の様子。
糸は木と釘で作った(先生が)粗筬を通ってとりあえず絣の模様に並んでいるが、本綾がまだ2つのまま。これを一つにまとめる作業は、一見簡単そうで、絶対間違えない自信が有ったのに、きっちり一カ所落としていた。(だから必ず先生に確認して頂くのだ)慎重に、慎重に。一つにまとめられたらようやく綜絖に通す。今回綜絖通しを変えてみた。木の持ち手のより絶対これが便利で早い(持ち方が変わるが、すぐ馴れる)。

Comments are Disabled