しばし 山暮らし

5月5日の行事に向けて、草取りと山菜採りの日々です。
玄関に有る糸車と織機を横目で見ながら、「雨が降ってくれないかな、、、。そうすれば、思う存分糸紡ぎが出来るのに」などと、考えていますが、すぐに「だめだめ、草取りが出来なくなるではないか!」と、思い直すのです。よく考えたらもう日にちが無い。地面をなめ回す様な草取りは一日やってもたたみ一畳ほども出来るかどうかなのだから。

一番始めに山椒の葉の佃煮を作りました。今年はえらい早よから芽を出していましたから、せっせと摘んで同時に袴も取り除いて、茹でて灰汁を抜いて、いざ!佃煮に、、と、ところがみるみる固くなる葉っぱ。。。最初から砂糖とみりんを入れてはいけなかったのです。めげずに次にはキャラブキを!こんどはちょっと灰汁抜き過ぎ。。。せっかくの「野趣あふれる山菜料理」はどこへやら。。。

そんなこんなで、気分転換に時々糸紡ぎを挟みながら、せっせと苔のあいだのしつこい草と格闘する毎日です。山菜の準備も着々と進んで、直前のワラビ取りとタケノコ掘りを残すのみです。

JUGEMテーマ:日記・一般

Comments are Disabled