あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

お正月のお餅は此処数年一人で搗いている。今年は6臼。十二升。蓬の小餅にひと臼追加した。一人でなぜ?と言われるけど、いろいろ事情が有ってまあこういうことになってしまった。臼はものすごい古いのが2個も有るようだけど、もう何十年もホコリをかぶっている。使いたいと言い続けた事もあったな。。一人で無理なくできるので機械で蒸しもする。でもすごく時間がかかるので、今年はふと思い立ち,パンを焼いてみる事にした。お供えに小麦粉が時々有るけどあまり使わないのでついついたまってしまっていた。だから薄力粉なのだけど、薄力粉でもパンになりらしい。蒸しの待ち時間にパン生地をこね、搗きの時間に発酵させる。

生まれて始めてのパンは、ちょっと焼き過ぎで固くなったけど,一応パンらしくなった。みたい。お料理はいつも即興なので、クッキーとかパイとかパンとか段取りが想像できなくて苦手だったのだけど、スイスの家庭でちゃちゃっとキッシュとかクッキーとかパンとか作っているのを見て、何となくイメージが頭の中に出来たみたい。それで作ってみる気になった。で、お味は。。。小麦粉がちょっと古かったかも。それと、一次発酵に時間がかかったもののいい感じで膨らんだのにその後やたらと練りすぎふんわりしなかったこと。塩が多すぎた事。でも、カスピ海ヨーグルトを入れたせいか、チーズパンのような味になったのは成功だった。お正月にもう一度ちゃんとした材料で作ってみようと、強力粉と全粒粉を買ってきた。